« Chris | トップページ | ル・コルビュジエの椅子 »

2010年3月11日 (木)

八幡さまの大銀杏

P27_20071218

鎌倉の八幡さま

小さい頃 源平池にかかる太鼓橋を渡るのがとっても
楽しみだった。今は綱がはってあって通れないが
昔は何事にも大らかで自由に通ることができた。
運動神経のない私でも必ず挑戦したのが不思議。

広い参道をずっと進んでいくと静御前が頼朝の前で
舞を披露したという説のある舞殿がある。
昔は本当に大らかで、習っていた藤間流の踊りの会が
こんな由緒のある場所で行われた。
私も「あやめ娘」をもう一人の女の子と踊った。夏の夜の
ことでライトを浴びて踊っても暗くて観客が見えないため
いつもと違ってあがらなかった記憶がある。

更に進むと石段に辿りつくわけだが、この石段脇の
大銀杏はもちろん実朝を暗殺した公暁が隠れていたと
される有名な大木で樹齢千年とされる。

この御神木が一昨夜来の荒天で雪まじりの強風のためか
昨日明け方に倒壊してしまったそうだ。

あるべきものが無くなる・・・この空虚な気持は今の
日本を象徴しているようで・・・
そんな風に感じてはいけないのだろうけど。

|

« Chris | トップページ | ル・コルビュジエの椅子 »

思い出」カテゴリの記事