« 誕生花Ⅲ | トップページ | カープ開幕戦勝利 »

2010年3月26日 (金)

Nobody’s Fool

Canqkm65 1994公開

雛が孵化して初めて見る動くものを母親とみなすことを
「刷り込み」というが人間にも「刷り込み」はあるのだろうか?

人それぞれ好みのタイプというものがあるが私の場合それは
ポール・ニューマンだということにある時気付いた。幼児期に
もしかしたら面長の人を見て刷り込まれたのかも知れない。
でなければ、私の面長、優男好みの理由がわからない。

ポール・ニューマンと言えば「スティング」や「評決」などの
代表作があり役柄としてもルックス的にもとてもかっこいい。
けれど私が大好きな映画は「ノーバディーズ・フール」で、この
役のニューマンは最高である。

ニューヨーク州の田舎町に住む初老の孤独で偏屈な男の役で、
実際の彼の歳は当時69歳。天下の二枚目も老境に達している
のははっきりしているのだが、この彼がそれまでのどんな役より
も魅力的なのだ。私はファーザーコンプレックス的な傾向は一切
持っていないので自分でも意外だった。

彼が下宿する家の女主人にジェシカ・タンディ。好意を寄せる
女性にわたしの好きな色っぽい女優メラニー・グリフィス・・・
脇を固めるのにブルース・ウィリスまで出ている。

あまり知られていないマイナーな映画だが東部の田舎町の
雪景色と豪華キャストの人間模様をぜひ味わって欲しい。

|

« 誕生花Ⅲ | トップページ | カープ開幕戦勝利 »

映画・テレビ」カテゴリの記事