« クリスⅡ | トップページ | 和風ドレッシングで簡単味付け »

2010年8月19日 (木)

白檀の香り

Photo_2  O十年前の扇子 

数年前に友達から 「京都のお土産よ」 と小さな "におひ袋" を
頂いた。

その香りを嗅いだとたんに小さい頃の記憶がよみがえる。

祖母がくれた白檀の扇子の匂いだった。

懐かしい・・・  私この匂い好き・・・
香りの記憶がこれほど強烈だとは・・・

今思い出してみると小学生の私は実は白檀の扇子の匂いは
強すぎて苦手だった。それなのに何で今こんなに好きになって
嗅ぐと落ち着くのだろう?

アロマテラピーとかお香とかこれまであまりピンと来なかったけれど
私の香りはこれだったんだわ。薔薇でもラベンダーでもなかったの。

香りから呼び覚まされる様々な記憶。

祖母に連れられて行った歌舞伎座の眩しいほど明るい客席、
そしてずらりと並ぶ三味線の音色までが何十年もの時を経て甦る。

匂いって多分とっても動物的な感覚だから、それでだと思う。

しかもこの暑さを忘れさせてくれる効果まであるって・・・

|

« クリスⅡ | トップページ | 和風ドレッシングで簡単味付け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事