« ハロウィーン通り | トップページ | ティファニー・ランプ »

2010年10月31日 (日)

風邪をひいて

若い頃お料理を習いに伺っていたホルトハウス房子先生の
お宅は鎌倉山の南斜面、海を臨む美しい場所にありました。

ご自宅の台所を使って教えて下さるので、いつもそのシンプ
ルですっきりとしたインテリアのお家に身を置くことを楽しみ
にしていました。

ティファニー・ランプというステンドグラスのランプがあることを
知ったのも初めてのことでした。

ある日、私が風邪をひきかけていることを知った先生は、
「洗面所にあるリステリンを薄めずにうがいをしてごらんなさ
い。効くから。」と仰いました。

日本ではルゴール液を喉に塗ったりする人もいましたが、これ
がアメリカの民間療法なのだわ、と思って試してみたのです。

Photo

リステリンは本来マウスウオッシュですが、それ以来喉が怪しい
ときには使うようになりました。薄めないとかなり刺激が強いで
すがこのオリジナルタイプでないと効く気がしません。

|

« ハロウィーン通り | トップページ | ティファニー・ランプ »

健康」カテゴリの記事