« マンデビラⅡ | トップページ | さわやか色のコスモス »

2010年10月20日 (水)

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

Photo

アマゾンの売り上げランキングを見てこの本のことを
知ったのです。私の情報マニアぶりにガツンと引っか
かってきました。

” 都立高校の野球部のマネージャーになった女の子が
本屋さんに行き、マネージャーの役割を知るために選
んだ本がなんと ドラッカーの「マネジメント」 。いわば
経営学のバイブルです。

間違いで買った本だったのに彼女、読んでみたら面白くて
止まらない。それに、野球部の運営という、営利事業では
ないことに当てはめてみてもズバズバ的中するのです。

部内の人間関係はどんどん良くなり練習の効率も面白い
ように上がる。ついに都立の弱小野球部が甲子園へ・・? ”

ドラッカーは経営学を語っているのだが、その普遍性
から人を動かし組織を動かすあらゆる場面に役に立
つ。

それはそのまま我々の人生指南にもなるようです。

青春小説の形をとった一番分かりやすいドラッカー
解説書だと言われているけれど本当に面白かった。

表紙は"萌え"系ですが中は漫画ではありません。

|

« マンデビラⅡ | トップページ | さわやか色のコスモス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事