« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

晴天の大晦日

ここのところ調子が悪く、お墓参りが押し詰まった31日に
なってしまいました。

護国寺に着いてみると大晦日や初参りの準備の最中で
普段とは違ってテントや幕があちこちに・・・

下の境内には夜店のテントも建ちつつありました。

Photo_3

除夜の鐘も3時から先着108名受け付けてくれるそうです。

Photo_4

Photo_5

まず祖父母のお墓にお花を供えて次に父のお墓のお掃除。
お花を供えてお参りをしたら久しぶりに清々しい気分になり
ました。

Photo_6

新しい年を迎えるために皆お掃除や設営をしている姿は
穏やかな天候の中、心落ち着く素敵な空気を醸し出して
いました。

当分の間、街が休んでいて静かな東京を楽しむことにしま
しょう。 

|

2010年12月30日 (木)

ニードルケース

Photo

タッセルの巻き玉を作るのに欠かせないのが長い布団針
です。マクラメに使うような穴の大きい木のビーズに刺繍
糸を巻いていって作るのが巻き玉なのです。

布団針を収納するためのニードルケースを作りました。

Photo_2

針先はリボンの下に収まるようになっています。

暮れにこんなことしていていいのかと思うのですが、
道具を整理していてつい・・・

|

2010年12月29日 (水)

かりんとう

麻布十番に買いに行ったのは"かりんとう"。

今、東京土産として上位に入っているという「麻布かりんと」
です。

お正月は何かしらお菓子が要るので少し買いだめに。

Photo 白かりんと

Photo_2

「麻布かりんと」のお店は麻布十番の通りにありますが
豆源や紀文堂のような老舗ではありません。

八時の閉店間際に行ったのですがお店はお客様でいっ
ぱいでした。種類が何十種類もあって選ぶのが楽しい。

お味も美味しいので人気があるのももっともです。

|

2010年12月28日 (火)

六本木ヒルズ

麻布十番に用事があって出掛けました。

けやき坂のイルミネーションが一番好きなのでひとり
楽しんできました。

Photo_9   

テレビ朝日と六本木ヒルズ

Photo_10 

けやき坂

Photo_11 

ルイ・ヴィトンとけやき坂

Photo_8 

けやき坂の向こうに見える東京タワーとブルーマン・シアター

 

|

2010年12月27日 (月)

ビーズの天使

Photo 14ミリ

小さい小さいビーズの天使を作りました。

可愛いでしょう?

ちっちゃなハート型の羽をつけています。

何に付けようかしら?

|

2010年12月26日 (日)

クリスマス礼拝

昨日25日はクリスマス礼拝。

普段余り礼拝に出席していない不真面目な信徒でも
クリスマスとイースターだけは、出席しないと。

根津神社の脇のコインパークに駐車して快晴の空の
下を歩いてゆく。

初めて見たけれどとっても素敵な神社。今度ゆっくり
来てみましょう。

Photo

P1020648 可愛い、何の花?

Photo_2 このおうちもすてき。

途中住宅地に突然佃煮屋さんの工場があってガレージに
ショーケース。

"ちい散歩"気分でやっと教会に辿り着く。

Photo_3

この教会は本郷弥生町にあって付近はなかなかいい
雰囲気。隣りは広大な東大の農学部の敷地で根津や
西片のほうへ降りて行けば古き良き江戸の香りを思い
起こさせる地名などが多々あって・・・

岡本綺堂の「半七捕物帳」の世界。

「半七捕物帳」は素晴らしい小説なのです。「シャーロッ
クホームズ」を読むと当時のロンドンの様子が目に浮か
ぶのと同じように、読んでいると江戸時代の町の様子や
空気がまざまざと頭に描かれていくのです。

いえいえ、クリスマス礼拝でした。

Photo_5

礼拝のあとは祝会です。婦人会の皆さまのお心づくしの
数々のお料理でパーティーでした。

|

2010年12月25日 (土)

黒のバッグ

Photo ←クリック 18cm×30cm

K先生のお稽古で作ったバッグです。

ビーズモチーフとモシャモシャのブレードが可愛い。
モシャモシャの下にもビーズが下がっています。

お洒落だけどカジュアルで持ちやすいバッグです。

|

2010年12月24日 (金)

「しあわせの雨傘」

Photo_2  東京音楽祭でのドヌーヴ

カトリーヌ・ドヌーヴ主演の映画がお正月に封切られます。

ブルジョワ妻のドヌーヴが倒れた夫の雨傘工場の経営を
立てなおすというお話です。"雨傘"って「シェルブールの
雨傘」へのオマージュ?

"お飾りの妻"(Trofy Wife)が工場に乗り込んでそのおっ
とりとした物腰で従業員の心を掴んでしまうというコメディ。

予告編を見た限りでは映像的にはいかにもフランス映画
らしい嘘くさい感じですが、67歳になっても綺麗なドヌーヴ
がふっくらとして感じのいい老婦人になっているのがちょっ
とショックで一見の価値があるかも。

それに内容的にはコメディの中で政府を皮肉るようなエス
プリの効いた台詞満載だそうです。

東京音楽祭でのインタビューでドヌーヴは

「人生を謳歌する秘訣は今、現在を楽しむということです。」

と語っています。

公式サイト

|

2010年12月23日 (木)

イルミネーション

Photo_5

六本木ミッドタウンのイルミネーションです。

ここはかなり綺麗。

Photo_4

パリのシャンゼリゼと同じワイングラス型のイルミネーション
は雫が流れ落ちるよう。

Image

Photo_6 サンタツリー

ミッドタウン内部には沢山のサンタさんのツリーが・・・
これは珍しいですね。良く見ると恵比寿さまや大黒様も
隠れているのですって。

昼間に行った車屋さんにもこんな綺麗なデコレーション。

Photo_3

 

|

2010年12月22日 (水)

ボランティアクラフトでコサージュ

                Photo_2

クリスマス会に向けてコサージュを作りたいと集まっ
たおばあちゃま方は20人。

まずは色を選んで頂きましたが赤っぽいのが好きな
方も緑がいいという方もいらしてみんな満足。

チクチク縫っていただいて、お手伝いしながら絞って
お花にして・・・

グルーガンを使うところは勿論私たちがやります。

Photo_4

こんなに素敵にできました。

胸に付けたり帽子に付けたりして満足してお帰りに
なりました。 

|

2010年12月21日 (火)

ラデュレのスケジュール帳

来年は楽しみにしていることが幾つかもう決まっています。

ラデュレのスケジュール帳を見つけて買ってしまったのは
その予定を書きたかったから・・・

Photo 箱入り 

柄は三種類あってこれはアラベスク柄。他にピンクの花柄と
黒にゴールドのリボン柄。

Photo_2 スケジュールページ

Photo_3 ノートのページが多数

他に切り取りメモとアドレスページに地下鉄図。

ここ数年、スケジュールはみんな携帯に入れてきたけれど
来年はマニュアルでいこう。

楽しい予定を全部書いて、レシピもここに書いたら探さな
いで済みます。

|

2010年12月20日 (月)

師走の新宿

日曜の午後、クリスマス前の買物で賑わう新宿に行った
のでは車を停められる訳もなく、伊勢丹の駐車場は長~
い列。

裏道のコインパークを見つけて、降りて歩きだしたら何と
そこはゴールデン街の隣り。

Photo

Photo_2

昔はここに無頼の作家たちが夜な夜な通ったのかしら?
終戦後の混乱、昭和の破天荒、ハードボイルド。
などと想いを馳せながら歩いてゆくとそこは・・・

Photo_3 花園神社 

と言えば ・・・ 唐 十郎のテント劇場

文学だなぁ・・・聞くだけで想像力を掻き立てられたものだ。

今年の伊勢丹のクリスマスのテーマは

"Ring Ring Wonder Christmas"

Photo_4

ディスプレイが可愛いったらないの。

Photo_5

Photo_6  ←クリックしてみて

Photo_7

Isetann_5

Isetann_6

|

2010年12月19日 (日)

コサージュⅡ

Photo_5

コサージュのデザインを変えてみました。

20個用意するのですが全部同じでは良くないので
ベルベットの細いリボンを7色用意して選んで頂く
ことにします。

私たちもみんな胸に付けて見本代わりにしようと思い
ます。

|

2010年12月18日 (土)

キラキラストラップⅡ

Photo

スワロフスキーのデコの講座があったので浅草橋の
貴和さんで受けてきました。

材料を買えば教えて頂ける無料の講習会が不定期
であるそうなのですが、たまたま今回はデコだったの
です。

やはり自己流でやるよりちょっとしたコツが分かって
綺麗にできます。

接着剤の量と扱いがコツでした。

Photo_3 木馬ショールーム

ボランティアクラフトに使うリボンを買いに木馬に寄っ
たらこの狭い商品棚の間でなんとビックリの遭遇が・・

お友達の熊本のピンクドットさん。

週末東京にいらっしゃるのは知っていたけれど、何で
会えちゃうの?

こういうことがあるから人生楽しいのよね。

その帰りに表参道のC~の直営店で今来ていると言
われているL~バッグを自分への誕生日プレゼント。
エクスキューズは沢山あるので・・・ま、いいっか。

|

2010年12月17日 (金)

ストロベリーツリー

Photo_5 ストロベリーツリー

珍しいでしょう?

タッセルのお稽古でお宅に生ったと持ってきて下さった方が
いらして、みんなで見せて頂きました。

調べてみたら、見た目からこの名前で呼ばれているようですが
ツツジ科の植物でした。姫イチゴの木ともいうそうです。

面白いのは花と実が同時に見られる点で、前年の花が実に
なるということ。

とっても不思議な愛らしい木です。

|

2010年12月16日 (木)

誕生花 Ⅵ

Photo_2 エンゼルランプ

今日 12月16日の誕生花です。

カランコエともいう多肉植物でマダガスカル原産です。

花言葉は「あなたを守りたい」

この誕生花の人は "控えめな印象が好感度高い" だそう
ですが、ちょっと当たっていないと言われそう・・・

            Photo_4

娘が買ってきてくれた Toshi Yoroizuka のケーキ。

薄々感じていましたが、このパティシエの作るケーキ 最高です。
優しくて、繊細で、奇を衒っていない 日本人向きのお味でした。

ミッドタウンのお店のイートインでは目の前で手ずからひとつひと
つ作って供すスタイルが人気だそうです。

|

2010年12月15日 (水)

コサージュ

Photo

今月のボランティアクラフトは来週の火曜日にあります。

いつもおばあちゃまたちの身近にいるスタッフの方が
リクエストなさったコサージュ。

やはり良く分かっていらっしゃいます。

女性だから身に付けるものがいいのね。

私はつい「クリスマスだからリースかツリーね」と安易な
発想をしてしまうのです。

でもスタッフの方たちは「クリスマス会にコサージュを付
けて出席して欲しい」と考えられたのです。

本当に有難いことです。親身になってお世話をして下さ
っているのです。

ご期待に添えたかどうか心配ですがこんな風に出来上
がりました。

裏側にパッチンが付けてあるので襟元やカーディガン、
お帽子につけることもできます。


Photo_3

作り方はこれ

|

2010年12月14日 (火)

キラキラ・ストラップ

Photo_3

私が携帯に付けているネックストラップを見て欲しいと言った
友達がいたので材料を買って挑戦してみました。

Photo_4

プラスティックにスワロフスキーを飾ります。

Photo_5

こんな風に出来ました。まだ研究の余地ありです。

友達はオペラグラスにつけて首に下げて使いたいそうです。

|

2010年12月13日 (月)

みなとみらいのツリー

Photo_3  クイーンズスクエアのツリー

横浜のみなとみらいは東京のモールにはない雰囲気があって
好きな場所です。

ここにもクリスマスツリーが幾つか・・・

Jingle  ランドマークのツリー

こちらは久々に復活したスワロフスキーのクリスタルツリー
です。

13000個のオーナメントで出来ているそう。

|

2010年12月12日 (日)

カステラのラスク

Photo_2 

黒船」のカステラのラスク。

ほんのりとした甘さで上品なお味です。

本当の甘党の方には正直物足りないと
思いますが私は大好き。

|

2010年12月11日 (土)

心休まるひととき

Photo

もう何年になるでしょう?

音楽を通して繋がっている仲間が五人で、気の置けない
おしゃべりを楽しんでいます。10年を越えたことは確か
です。

身近な話題を語り合うことによって考えさせられたり反省
したりして自分を磨ける大切な時間です。

ふと思うのですよ。男の人って大変だなぁ・・・
こういう味方がいないでしょう?

辛いときに語り合うっていうこともないらしいじゃない?

それはさて置き、みんなでメンバーの一人のお嬢さんで
あるヴァイオリニスト・礒 絵里子さんの応援をしています。

Prof_4 礒 絵里子さん

若手実力派ヴァイオリニストとして定評がありますが力も
華もある素敵な女性です。

礒 絵里子HP

お料理の腕もお母さま譲りでなかなかのものと聞きます。

そのお母さまの玄人はだしのお料理を頂きながらのお喋り
なのですから極上の時間なのです。

いつもありがとうございます。

 

|

2010年12月10日 (金)

ドログリーの布

Photo_5

原宿のドログリーには素晴らしい素材が沢山あります。

ゴールド色のしわ加工のベルベットを買いました。

マフラーにしようと思ったので「木馬」でブレードを二種類
選んできました。

Photo_6

こんな風に出来ました。

色々な結び方が出来るし便利そうなマフラーです。

          Cai3vxiqcaotpz7ocatoane3ca4e5o5ec_2
   

Photo_7

お友達にパネトーネを頂きました。

すごく立派なパネトーネ。クリスマスらしくて嬉しいわ。

タッセルの飾りも素晴らしいのでこのままネックレスに
しようかしら?

タムタムさんの作品はこちらのネットショップにあります。

つぶより舎

|

2010年12月 9日 (木)

表参道のライトアップ

Photo_2

まだ五時なのに外に出てみたらこんなに綺麗なライトアップ。

表参道のライトアップは木にダメージを与えるという説が出て一時
中止になっていたけれど数年前に復活したのです。

こういう時代だからこそ華やかで明るい、こういう雰囲気は嬉しい
ですね。

Photo_3

Photo_7 茶茶パフェ

原宿「茶茶の間」でパフェを・・・

抹茶アイスに掛かっているのはすり潰す前の抹茶だそうで
香り高くとっても美味しい。

|

2010年12月 8日 (水)

すみれ

Photo_3 

すみれ、パンジー、ヴィオラ・・・

今は菫の季節なのですね。

鎌倉の紀ノ国屋のガーデンショップは品揃えが素晴らしくて
いつも楽しみに出掛けますが今回はありとあらゆるスミレが
揃っていました。

Photo_4 

花言葉は ”謙虚、誠実、慎み深さ” だそうです。

小さくて可憐で誰からも愛される花ですが、冬の空にこんなに
綺麗に咲いて健気ですね。

小さいのに元気をくれる花です。

|

2010年12月 7日 (火)

根菜のトマトスープ

Photo_3

テレビで見て作ってみたらとても美味しいのです。

野菜スープとは言ってもミネストローネとは全然違う味わいです。
何しろ根菜が入っているのですから。

サラダオイルでニンニク一片のみじんを香りがでるまで炒めたら、
ベーコン、玉葱、人参を1cm角に切ったものを入れ炒めます。

ここにレンコンを入れるのですが、皮をむいて乱切りにし布巾に
包んでスリコギでたたくのです。   ←これがポイントの一つ目

ホールトマトも一缶汁ごと入れます。ここで水気を飛ばす為に暫く
炒めます。どうせ後から水を入れるのですが良く炒めておくと味が
なじんで濃くなるのです。        ←ポイント二つ目

水 800cc、ホタテ缶の汁、塩を入れ10分ほど煮ます。

最後に軽く下茹でした里芋と生のインゲン(どちらも1cm角)、
ホタテの身、茹でたショートパスタを加えます。

食べたときに里芋がコリっとする感触が新鮮。ホタテの旨味も
効いています。

材料 : ニンニク 一片、ベーコン 50g、玉葱 1個、人参 半個、
     レンコン 30g、里芋 4個、インゲン 8本、パスタ 60g

パスタは水分を吸うので食べる人の人数分だけ、そのつど入れて
ください。ファルファッレ(リボンを捻ったみたいの)がいいです。

|

2010年12月 6日 (月)

クリスマスキャロル

Photo_11

12月に入ると毎年飾る「クリスマスキャロル」の街。

子供たちがまだ5歳と7歳だった頃旅行したイエローストーンの
雑貨屋さんのショーウインドーにディスプレイしてあって一目惚れ
したのです。

チャールズ・ディケンズの「クリスマスキャロル」の物語の情景が
表現されています。

P1020582  スクルージとその家

強欲で気難しいスクルージがクリスマスイブに精霊と出会う霊体験
をし、改心して本当のクリスマスの精神を知る人に生まれ変わると
いう話です。

Tim  雇人のクラチットと息子のティム

Photo_12 フェジウィッグの倉庫

Turky 賞品の七面鳥を売る男

豆電球が入っているので部屋の照明を暗くすると家から明かりが漏れて・・

Photo_2

|

2010年12月 5日 (日)

涙腺

最近 涙もろくなって困っています。

「沖縄」って聞いただけでウルッとくるのは戦禍の歴史のこともありま
すが、サンゴを再生するために私財を投じて研究を重ねて成功した
金城さんの話をテレビで見たからです。「はやぶさ」の帰還でも泣き、
ナイナイの岡村くんが仕事に復帰したのを見てウルウル。治って良か
ったわね。

昨日あるテレビドラマの番宣を見て、これは絶対泣くわ・・・

それは 「にせ医者と呼ばれて ー 沖縄・最後の医介輔

戦後民間人の犠牲が多く医者が足りなくなった沖縄で、米軍は代用
医師として元衛生兵などに「医介輔」という資格を与えて医療行為の
助けとしたのです。

沖縄が日本に返還されてからもこの資格は保護され人々の役に立っ
てきたのでした。

12月9日の9時から日本テレビ系列で放映されます。

Shiro_2

でも考えてみたら、"泣く"という行為は悪いことではないのかも知れ
ません。

"笑う"のがいいことであるのと同じで、感情の発露は何かが解消さ
れて精神にも身体にもいいと思うのです。

それに遠視のコンタクトをしていて眼がすぐ乾くので目薬代わりにも・・・

今日、ゴルフ日本シリーズで苦労人風の藤田が優勝してまたウルウル。
おめでとう、これでマスターズの出場権が得られたのです。

|

2010年12月 4日 (土)

クリスマスデコレーション

Photo_4

母のホームのクリスマスデコレーションです。

中庭に飾ってあるのですがガラス越しに写したのでロビーが
写り込んでしまっていて不思議な効果の画像になりました。

毎年スタッフの方たちが一所懸命工夫をこらしてくれます。

Photo_5

ロビーの中はこうです。若い男性の華道家の方が毎週水
曜日に破格の値段で生けてくださっているそうです。

財政的に厳しいのですが、毎週の生けかえを楽しみにして
いる方がいらっしゃるので意気に感じて続けて下さってい
るのです。

生けるところを必ず見学にいらっしゃる方もありますし、用済
みになったまだ綺麗な花を持ちかえるのを楽しみにしていら
っしゃる方もあります。

前にカードがおいてあって使われている花の名前がリストに
なっています。

|

2010年12月 3日 (金)

レースを使ったリース

Photo_3 直径18cm

以前、ボランティアクラフトで作ったリースです。

お洒落な百円ショップの「セリア」で天然のつるで出来た
リースを見つけて思いつきました。

幅広の綿レースを巻き付けラインスト-ンを飾り、「木馬」
で買った赤のワイヤーリボンとジョーゼットの細リボンをア
クセントにシンプルに作りました。

ボランティアクラフトはもう4年やっていますので常にネタ
切れ状態です。百円ショップを回っていると品数が多いの
で何かしらアイディアが浮かぶことがあるのです。

そんなに安上がりにする必要はないのですがいつも700
円から1000円くらいの材料費だけ頂いてやっています。

おばあちゃま方はゆとりがおありになるのに私が貧乏性
なのでしょうね。少しでも安くと考えてしまうのです。

でもリースは100円でもリボンは「木馬」の最高級の品を
使います。そこは譲れないのです。

今年もクリスマスはやはりリースが欲しいと仰る方がいらし
たので三つだけ作ることにしました。

|

2010年12月 2日 (木)

ハーブ サントリーナ

Cag6uy6s  

ハーブ サントリーナというツリー型の植物を買ってきました。

残っていたリースの材料とあり合わせのベルで飾ってみました。

ピーチカラーのポインセチアも綺麗です。

今年のクリスマス飾りは赤は使わないバージョンにしてみましょう。

サントリーナグレーは別名「コットンラベンダー」ともいい、夏には
このような花が咲くそうです。

3023m_2

丸くカットしてトピアリーのような樹形にすることもあるようです。

|

2010年12月 1日 (水)

高野山警察

またまた高野山です。

Photo_3 高野山警察

高野山は真言宗の聖地ですから地域全体が凛とした清潔感の
ある空気に満ちています。

これが高野山警察です。

Photo_4

この別世界でどんな犯罪が起きるのでしょうか?

非日常でありながら観光地でもない。日本全国でこのような場所は
他にないでしょうね。

とても心が安らぐのです。

小学校からキリスト教の教育を受けてきて、結婚して婚家の宗教
であるため洗礼を受けたのですが、私の根のところには祖父母
と並んでお経を聴いた護国寺の経験が深く住み着いているよう
です。

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »