« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

英国王のスピーチ

Photo

今一番見たい映画が「英国王のスピーチ」

現エリザベス女王の父、ジョージ6世がモデルです。

子ども時代から吃音に苦労してきた国王がどのように
して乗り越えたのか?

オーストラリア人の言語聴覚士との出会いや支える
王妃・・・

悩みを抱える国王に人間として共感できるらしいのです。

イギリス映画大好きな私としては外せない。26日に公開
されたのですが心配がひとつ。

今日発表されるアカデミー賞の有力候補なので獲ってし
まったら混雑必至なのです。

でもそうでなくてもヒット間違いなしの映画でしょう。

|

2011年2月27日 (日)

久々の横浜

Photo

関内のオフィス街を通って中華街へ。

Photo_2

中華街は十年ぶりくらいのご無沙汰でした。

土曜日とはいえこんなに人がいるの?
ぞろぞろ人が歩いていてびっくり。

Photo_3 翠香園

親戚十人で海鮮の中華料理を食べにきたのです。

たまにはこういうのもいいものです。

Ann_2  采香新館  Photo_2

帰りに前から買いたかったこの「黒ごまあんまん」を
買ってきました。

|

2011年2月26日 (土)

誕生花Ⅷ

Photo

2月26日の誕生花は ローダンセ

花言葉は「光輝」です

この誕生花の人は仲間想いのひとで、断りきれない
ことがあるそう・・・

T子さん、そしてSh子さん、お誕生日おめでとう

大切な二人が同じお誕生日だなんて不思議な巡り
合わせです

|

母の誕生日

Photo

昨日は母の83歳のお誕生日でした。

久しく外食はしていなかったのですが足も大分しっか
りとしてきたので思い切って外に連れ出すことにしま
した。

選んだお店はいつも車で通る抜け道にある「柚むら」。

なんとなく良さそうな気がして「仕度中」の看板の出て
いるドアを開けてみたら思った通り感じのいいお店で
した。

お誕生日当日の夜6時の予約をして4人で居心地良く
過ごせそうなお席を選んできました。

弟と夫と私の3人がかりで連れて行けば何とかなるだ
ろうという考えなのです。

という訳で昨晩行ってきたのですがとってもとっても
美味しいお店でした。

こういう心を込めたお料理と、誠意のあるお人柄がそ
のまま現れる接客の二つが揃ったお店はそうあるもの
ではないのです。

嬉しい余韻がまだ私の心に残っています。

|

2011年2月25日 (金)

「春へ」  高山 秋津さん

ユリカモメが
帰ってきた

早春の使者に
出会えた朝

地球の歴史を想うと
まばたきほどの
この一年が
殊更にいとおしい

二月の片隅に
命という翼を広げて

小さきものが 今
羽音を立て

私の心を一直線に
春へと開けていく

産経新聞 朝の詩 より

|

2011年2月24日 (木)

90歳の新進

99歳の新進詩人柴田トヨさんの「くじけないで」が大変
なベストセラーになっているのは知っていました。

若い方も中年の方もみんな励まされていると聞きました。
元々は産経新聞の朝刊の一面に出ている「朝の詩」へ
の投稿がきっかけだったそうです。

そんな中、もうひと方、久木綾子さんという新進作家が
いらっしゃることを知りました。

今91歳。

二年前に歴史小説「見残しの塔 周防国五重塔縁起」
でデビューなさったのです。

Photo_4 瑠璃光寺五重塔

山口市にある「瑠璃光寺五重塔」は大変に美しい塔で
国宝になっています。

70歳のときにこの塔の美しさに心を奪われた久木さん
は18年かけて五重塔建立にまつわる人々の物語を書
いたのだそうです。

主人公は宮大工を目指す若者・・・久木さんは1年間
宮大工の棟梁に弟子入りまでしたのでした。

こういう先輩がいらっしゃるのを知ると私もうかうかと
していてはいけない・・

自分に時間的な枠をはめないで 大きな心をもたなく
てはと励まされるのです。

もうあと20年かしら?なんて考えるのはそれだけで
後ろ向きですもの。

心を自由に高く持って、瑣末なことに囚われずに生き
ていかなくては。

|

2011年2月22日 (火)

クリスの誕生日

Catnj4ki

クリスは2月18日に十歳の誕生日を迎えました。

今年はいろいろな事がありすぎてお祝いをしてあげる余裕
がなかったのですがせめて何か好きなおやつでも買いに行
きましょう。

ケーキより林檎のほうが好きなのです。

|

2011年2月21日 (月)

クリスマスローズ

Photo_2

昔から憧れのクリスマスローズ。

玄関の寄せ植えに新規参入。

この花びらのように見えるのは額だというのですが本当
かしら。

日本では下向きに咲く清楚な花の風情から茶席に似合う
植物として茶人に親しまれてきたそうです。

そう聞くと和の雰囲気もありますね。

「初雪おこし」という日本独特の和名があり、「寒芍薬」と
呼ばれる品種もあるそう・・・

|

2011年2月20日 (日)

お雛さま

Photo

忙しくしているうちにまたこの季節がやってきました。

やはり今年もお雛さまは段飾りを出す余裕がありません。

ノリたまさんのカレンダーを隣りに持ってきて写真を撮り
ました。

来年こそほかの子たちと繊細なお道具も出してあげないと
可愛そうなのです。

|

2011年2月19日 (土)

さくらの根付

Photo_2

次回のボランティアクラフトは三月の初めなので桜の
モチーフのストラップにしようと思います。

Ca04hrst これがパーツ

花びら一枚一枚は縮緬の布をクッションつきの台紙に
くるんで作っておきます。

パーツをボンドで組み立てるのをおばあちゃま方にして
いただきます。

細かい作業ですが、桜は一輪4cmくらいあるので何とか
お手伝いすれば出来そうです。

杖とか車椅子に付けて下さるかしら?

|

2011年2月18日 (金)

いちじくとピスタチオのチョコレートケーキ

Photo 貝印のパウンド型

娘が見つけたスタイリッシュなパウンド型。

藤野真紀子さんのレシピでチョコパウンドを焼きました。

Photo

いちじくとピスタチオの粗みじんを中にも混ぜ込んであり
ます。

この型はとってもステキで気に入りました。

ほかの種もいろいろ試してみます。

|

2011年2月17日 (木)

ニードルケース

Photo

以前作った布団針用のニードルケースをちょっとずつ
バージョンを変えて4個作りました。

今日久しぶりにお稽古に行けるのでお友達にプレゼ
ント。

|

2011年2月16日 (水)

靴入れの袋

Photo_5 

以前お友達のH子さんに頂いた布がありました。

ポリエステルっぽい布でバレエをしているクマさんの図柄。
ラメも入っていて面白い布です。

ふと思いついてシューキーパーと靴袋のセットを作ってみ
ました。

Photo_3      Photo_6

シューキーパーにはラベンダーのポプリも入れて・・・

旅行の予定がなくて残念。

|

2011年2月15日 (火)

365日

今朝の東京はうっすらと雪化粧。

昨年2月15日にこのブログを始めてから一年が経ち
ました。

もう一年?長かった一年?

自分を知ろうとして自分に問いかけてきた一年でした。

'私の好きなもの集め'

日々、好きなものを探すのはとても楽しいことです。

|

ヴァレンタインⅡ

Choco2 スイスのチョコ

娘がくれた心ばかりのチョコです。

Photo

開けてみたらこんな感じでビックリ。

「わぁ、可愛い!」とは言ったけれど・・・それに、そのときは
ホントにかわいいと思ったけれど、

あとで考えたらうちの娘、こんなに幼稚で大丈夫?

|

2011年2月14日 (月)

ヴァレンタイン

Photo_5 キカズトリーツ

バレンタインに娘のために取り寄せたチョコレートです。

最近は「友チョコ」というものが流行っているそうですが、
これもその一種?

Photo_2

中身もこんなに可愛いの。

「キカズトリーツ」 (KIKA'S TREATS) はブラジルからきた女性が
サンフランシスコの港のアトリエ倉庫を他の二人の女性と共同
で使って作っているそうなのです。

日本には初登場のチョコレートです。

パッケージの女の子の絵はブラジルの妹さんが彼女をイメージ
して描いてくれたそうです。

バイヤーのブログ

Photo_3フラン オバマ大統領のお気に入り

ヴァレンタインといえば、小学校5年生のときにアメリカの小学校
で初めて体験したのですが、クラスでお互いにヴァレンタインカード
を書き合いました。

男女を問わず愛情を示し合う機会なのです。女の子にもあげました。

大人になってからアメリカで見聞きしたのは、夫は妻に、妻は夫に
プレゼントを選ぶのに頭を悩ましている様子でした。デパートには
プレゼントコーナーができて購買意欲を誘っていました。

友達同士もカードやちょっとしたプレゼントを交換し合っていました。

|

2011年2月13日 (日)

せとか

Photo

新しい品種のみかんです。

大ぶりで皮は薄く食べてみたらとってもジューシーでした。

濃いお味で酸味もしっかりあります。

清見オレンジに似ていると思ったら清見が改良された物
でした。

せとか

|

2011年2月12日 (土)

ミステリー小説

ミステリーが好きでいつも読んでいます。

アメリカのマイクル・コナリーは90年代を代表するハード
ボイルドの名手と言われていて見事な作品を書いています。

「わが心臓の痛み」はクリント・イーストウッド主演で映画にも
なっている心臓移植を受けた元FBI捜査官の話です。

この中に主人公の友人が読んでいる本が「今西刑事捜査す」
という題名のものであると出てきます。

(注)にこれは松本清張の「砂の器」の英語題だと書いてあって
仰天しました。「砂の器」が「今西刑事捜査す」ですって・・・

ただ、この友人はこの本を評してー
  
   ”ずいぶんちがった世界だぜ。すべてが整然としており、
   善悪がはっきり区分されている。悪党はつねにふさわ
   しい報いを受け、主人公は光り輝き、あいまいな箇所
   はない。現実の世界に対して、元気を恢復させてくれる
   解毒剤さ”

こう語っています。

最近のミステリーは大変複雑な設定、背景が多いので、日本
の異国性といって見れば古き良き時代の日本(現代よりも単
純な世界)が描かれている点で新鮮に映ったのでしょう。

ミステリー小説からは沢山のことが学べて面白いのですが、
今回は思いもよらず英語訳の松本清張の話でびっくりしま
した。

|

2011年2月11日 (金)

烏骨鶏のカステラ

Photo_2

金沢・烏鶏庵 の烏骨鶏の卵で作られたカステラです。

話には聞いていたのですが、とても濃くて美味しいお味
です。

お遣い物にしたのですが、木箱に入れて頂くととても改
まった感じのいいプレゼントになりました。

烏骨鶏かすていら

|

2011年2月10日 (木)

お針道具ラック

Photo_2 

ドームのキルトフェスティバルに出ていたとても便利なお針グッ
ズをお友達に頂きました。

真ん中に糸通しの器具がぴったりと収まる切れ込みがあります。

よく使う白と黒の糸としつけ糸を挿して鋏と定規も。皮のシンブル
もそれ用の場所があります。

針山だけは最初から付いていました。ラベンダーのポプリ入り。

|

2011年2月 9日 (水)

リボンバッグ

Michiko

お友達のM子さんが作られたリボンバッグ。

素晴らしい色でしょう?

丁度、ログハウスのお店にいたのでこんなにいい写真が
撮れました。

作品を外に持っていくと自然光だしいい写真が撮れると
聞いていましたが、本当。

Carpka5o

後ろに写っていたのは敷地内にあるパティスリー。

Konamon

「古無門」は弦巻の住宅地にあるログハウスのお好み
焼き屋さんです。

|

2011年2月 8日 (火)

ペットショップ

Photo

車屋さんにサイドミラーを直しに行ったとき時間をつぶす
ため、近くのペットショップを覗いてみました。

憧れの犬、ジャックラッセルテリアの赤ちゃん。

ジャックラッセルは元気で可愛いのですが性格がきつい
そうで飼いにくいと言われています。

もし多頭飼いしたらクリスがいじめられそうで無理です。

他のケージも見てみたらハーフの子が多くてびっくり。

今流行なのでしょうか?

ミニチュアダックスとチワワのハーフ。ヨークシャーとチワ
ワのハーフ。ダックスとマルチーズのハーフ。マルチーズ
とプードルのハーフ。

本当に多くて・・・可愛いのは確かです。

|

2011年2月 7日 (月)

Y子さんの鍵ケース

Photo

ちょっとした出来事があり、ここまでしか出来ていません。

軸だけ刺繍しましたが、これからお花をリボン刺繍で入れ
ていきます。

|

2011年2月 6日 (日)

叶匠寿庵

Cahsnuf1

頂き物の和菓子です。

しっかりした二段の箱に入っていて、まず思ったのは手芸
材料をいれるのに使えるわ。

女はパッケージに弱いのです。

Photo_3 標野(しめの)

樹の上で完熟させた城州白梅を自家梅蔵で寝かせてできた
梅エキスで作ったゼリー。

Akai3 閼伽井(あかい)

黒酢黄粉を求肥にまぶしたもの。

あちこちのデパートに出ている叶匠寿庵は琵琶湖のほとり、
大津市が本社のお菓子屋さんです。

寿長生の里」という六万三千坪の庭園を持っていてお食事
も出来、梅林からは実際にお菓子に使われる梅がとれるそ
うです。

|

2011年2月 5日 (土)

お客さまを迎えるために・・・

Photo

お客さまを迎えるために花を選びに行きました。

まず目に入ったのが小ぶりのカラー。

やはりカラーは好きだなぁ・・・

白いカラーと緑の葉を中心に選ぶことにしました。

ピンクや紫を入れると濁るので、色は深紅のガーベラ
で入れましょう。

Photo メレンゲ

ケーキは世田谷通りの「Fraura」で・・・

シナモンとハートのメレンゲが目についてこれも。

特別な一日になりました。

|

2011年2月 4日 (金)

サフラン

Carc0jez

タイでスパイスを安く売っていたので買ってきました。

これはサフランですがこんなに沢山入っていて450円。

25gもあって不思議です。

本物か怪しいけど取り敢えず一度使ってみましょう。

|

2011年2月 3日 (木)

立春大吉

明日2月4日は立春。

立春を一年の始まりとする考え方がありますが、そうすると
節分の今日は大晦日です。

豆まきをして鬼を追い払い、明日の新年を迎える準備をし
ます。

禅寺では立春の朝、「立春大吉」と書いた札を表にはるそう
です。

「立春大吉」とは年頭に当たり一年恙なく暮らせるようにとの
意味を持った言葉だといわれています。

この言葉は左右対称で表から読んでも裏から読んでも立春
大吉、家の中も外も大吉でありますように、裏表のない同じ
きれいな気持ちで一年を過ごせますようにという意味がある
そうです。

Ca3fwxcgca2gp4qrcagduf4tcal59oimca4

春の訪れを感じられるこの時期から一年が始まると考える
のは私にはしっくりくるように思います。

不幸なことに日本のお正月はクリスマスに近すぎて慌ただ
しいままに迎えることになります。

今改めてこれからの一年のことを考えてみたいと思うのです。 

|

2011年2月 2日 (水)

アンティークパッチワークバッグ

Photo_3 

つぶより舎」に新しく登場したバッグが気になって・・・

ついに注文してしまったのですが、今日届きました。

インドのアンティーク生地を使っているそうで色合いが
素敵です。

大きさは幅が55cmで大ぶりです。

地味な服のアクセントになって冬の空に映えそうです。

Photo_4  反対側

|

2011年2月 1日 (火)

鍵ケース

Photo_2

お友達のY子さんが考案された鍵ケースをもう一人のお友達
のK子さんが作られたのでお借りしました。

Photo_3

チェックのリボンを使っているところがトレンドですが、Y子さ
んはもう何年も前からチェック柄を使いこなしていらっしゃい
ます。

Photo_5

内側にチェーンのキーホルダーが止め付けてあるのが
アイディアです。

幅 11cm

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »