« 地震 | トップページ | 不安な日々 »

2011年3月12日 (土)

きっかけ

今回の地震で大事にしていたいくつかの食器が割れました。

ヘレンドのコーヒーカップや祖母の愛用の小皿などが割れて
半端な数になってしまいました。

床に散乱しているのを見たときはそれはショックでしたが、何
故か喜ぶ気持ちもあったのです。

負け惜しみではないのです。

物に執着しない爽快感とでも言うのでしょうか?

これまで自分の中にため込んできたものを手放すことから生ま
れる心の自由さ?

その象徴が割れたお皿だったのです。

これを機会に物質的な「もの」だけでなく、長年培ってきた思考の
偏りや自分の独善を捨てることが出来るかも知れない。

そういう期待感でしょうか?

   Ca3fwxcgca2gp4qrcagduf4tcal59oimc_2   

被災した方が大勢いらっしゃるのにこんな小さなことをとやかく
いうのは不謹慎な話です。

ただこの数ヶ月悩み迷ってきた中で小さな光が見えた気がした
のです。

|

« 地震 | トップページ | 不安な日々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事