« 秋祭り | トップページ | 鎌倉のイベント »

2011年9月 1日 (木)

「コクリコ坂から」Ⅱ

「コクリコ坂から」観てきました。

物語自体は?でしたが、当時の雰囲気や細かく描写
された生活の情景は「こんなだったわ・・」と懐かしく思
うものでした。

爽やかな共学の私立校に取ってつけたようなバンカラ
な梁山泊。あの時代にこんな学校ないんですけど・・

石坂洋次郎の世界+旧制高校+東大駒場寮立ち退き
問題???くっつけちゃったの?
(因みに原作と脚本はかけ離れているそうです。)
映画は残るので後世の人々に誤解を与えます。

でも主人公”海”の日々の生活は、人々みんなが自分を
律する時代の姿を表していて清々しい感じがしました。

あの後、私たちは高度成長の波に浮かれて、何でもあり
の生き方を選んでしまったのですね。

毎朝海が庭に掲げる旗は国際信号旗のアルファベット旗
です。ヨットのルールブックに載っていたのを思い出します。

Flagnatsig


桜木町駅はあの通りでしたし、京浜東北線の茶色の車
両、市電に付けられた広告、山手から見える港の様子、
どれを取っても懐かしさでいっぱいでした。

「コクリコ坂から」Ⅰ

|

« 秋祭り | トップページ | 鎌倉のイベント »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋祭り | トップページ | 鎌倉のイベント »