« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

何でもない会話が・・・

今日の母との会話です。

「寒いわね。」

「そうね。」

「なに編んでるの?」

「Akikoのマフラーよ。ややこしいの。」

「そう?」

2012013119580000

「なに編んでるの?」

「マフラーよ」

「で、・・・それ、いつ出来るの?」

(笑)「・・・・・ そうね。冬のあいだに出来るかしらね。」

小さな喜びです。

| | コメント (3)

2012年1月30日 (月)

一陽来復

P1000052

早稲田の穴八幡宮は商売繁盛のお札で有名だそうです。

車をとめていたら人が吸い込まれるように入っていきます。

何かしら?と思いながらまず早稲田大学の構内へ。

P1000056_2

大学受験のとき見学して以来だわ。

サンドバッグの材料を求めて9号館の研究室へ。

帰りに気になるので穴八幡に寄ってみました。

鳥居をくぐって上がっていったら100人くらいの人たちが
並んでいます。

「何の行列ですか?」

「お札をもらうのよ。毎年こんなもんよ。もうすぐ節分だから」

節分の24時ちょうどにみんなのいる部屋に貼ると一年間
ご利益があるそうです。

101218itiyou01_3

ちなみに私は戴いていません。

| | コメント (1)

2012年1月29日 (日)

サンドバッグ

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」では南三陸でわか
めの養殖をする漁師さんからの要望でサンドバッグを作
っています。

ナイロンの布と丈夫なロープで巾着のような袋を作って
送ります。そこに砂や砂利を入れて重しにするそうなの
です。

何万個でも欲しいということなので今取りあえず2万個
を目指してみんなで作っています。

405755_220577268027591_100002259589

一昨日は早稲田の研究室から材料をいただいてきました。

キルトのクラスの方々が(先生も)協力を申し出て下さっ
て感激です。

簡単なミシン掛けですのでやってみようかしら?とお思い
の方はメールくださいね。

一応目途は2月末です。

レシピ

You Tube

| | コメント (1)

2012年1月28日 (土)

暖かいブローチ

2012012822190001


K先生のお稽古で作りました。

シールの布を首に巻いてブローチで留めるだけ。

暖かくて可愛い・・・凄いアイディア。

| | コメント (1)

2012年1月27日 (金)

鯖のへしこ

2012012718070000


福井のスキー場のレストランで「へしこのピザ」を
食べました。

以前、丹後に行った時に知った味ですがピザは
初めて。

薄いピザ生地にへしこがアンチョビのように使って
あり、水菜が沢山のっていました。

「へしこ」は魚の糠漬けでお茶漬けにぴったりなの
ですが、ピザにしてもすごく美味しいのです。

あと、へしこパスタも良さそうなので作ってみます。

| | コメント (0)

2012年1月26日 (木)

トヨタ白川郷自然学校

2012012410180001


今回雪の白川郷を訪ねて泊まったのは合掌造りの
民宿ではなく、「トヨタ白川郷自然学校

トヨタ?自然学校?

トヨタ自動車がやっている宿泊施設です。

白川郷の山の上にあった合掌造りの集落跡に建て
られたものです。

自然との共生を目指し大人も子供も滞在を通じて環
境に対する思いを深めて欲しいという願いのもとに
できた施設だそうです。

企業メセナですね。

レストランにはフランス料理しかないのですが、これは
回りの宿屋、お店と共存するための配慮です。

宿泊者はネイチャーガイドという体験をすることができ
ますが、冬期は雪の中かんじきのようなスノーシュー
を履いて森の中動物の足跡などを観察して歩きました。

| | コメント (0)

2012年1月25日 (水)

キュルノンチュエ

2012012313080000

高山市の清見、自然の中にとても美味しいソーセージの
工房があります。

お友達のN子さんに教えて頂いていたのですが、ちょうど
通り道で行くことができました。

2012012312490000

今日の試食は左上から時計回りに、マジャール、チョリソ、
白かび、ベーコンです。

白かびのドライソーセージが最高でした。

一緒に行った友達もワインパーティーの手土産にちょうど
いいとお買い上げ。

| | コメント (0)

2012年1月24日 (火)

五箇山

2012012411130000


今日は五箇山の集落に来ました。

白川郷から車で30分、五箇山の合掌造は小規模ですが
とても風情のあるいい村です。

民謡の里でもあって平高校は民謡で日本一になったそう
です。若い人が伝統を守っているのは嬉しいです。

2012012411120000

| | コメント (0)

2012年1月23日 (月)

白川郷

2012012316440001

2012012315180001_4

2012012316430000


雪の白川郷です。

先週一メートル降った雪が溶けかけています。

今夜は山の上の「トヨタ白川郷自然学校」に泊まります。

2012012408530000_4


2012012408390003_2

| | コメント (0)

2012年1月22日 (日)

ハンドメイドプロジェクトのマフラー

2012012214090000


またこんなに沢山のネックウオーマーが届きました。

みなさま、ありがとうございました。

今週 早稲田大学の研究室にお届けします。

ちょっと他にもプロジェクトがありましてその材料を
頂いてくる予定です。

2012011209120002  2012011209110000  2012011209120003

           2012011209150000  2012011209110001

| | コメント (2)

2012年1月21日 (土)

フェルメール

Title_2


フェルメールの作品はたった37点しか現存しません。

その作品をすべてデジタル技術でバーチャルに展示
する美術館が銀座に登場しました。

フェルメール・センター銀座」です。

製作年順に並べてフェルメール自身の進んで行った
足跡を辿ることができるそうなのです。

ただ美しいと見るだけでなく、作品に秘められた謎を
解き明かすにも最適な画期的な試みといえるでしょう。

特別夜間鑑賞券がおすすめのようです。


| | コメント (0)

2012年1月20日 (金)

CMの歌

テレビで流れたCMの曲が気になりました。

山崎まさよしが歌う「あなたしか知らない朝」の歌詞が
すっと心に入ってきたのです。

”あなかしか知らない朝の ささやかな出来事たちが
何でもない今日の日を 愛すべきものにしてくれる”

あなたしか知らない朝

↑一節だけダスキンのHPで聴けます。

あなたしか知らない朝

あなかしか知らない朝の ささやかな出来事たちが
何でもない今日の日を 愛すべきものにしてくれる


あなたがひそかに始めた 毎日の習慣が
新しいこの場所で いつか実を結びますように


すべてが思い通りにいかないけど
そんなときは少し手を休めて


あなたが暮してる街の 風にまだなじめてないけど
やわらかい灯りともして 愛する人を待っている


いつもいいことばかりじゃないけれど
小さな喜び胸にだきしめて


当たり前のように訪れる ささやかな出来事たちが
何気ない日々の中で 愛すべきものを運んでくる

| | コメント (0)

2012年1月19日 (木)

転職

今朝タクシーに乗りました。

淡島通りに出て空車が見えたので慌てて手をあげました。

運転手さんがぎりぎりの所で気づいて下さって乗れたのです。

「中目黒までお願いします。」

「山手通りからでいいでしょうか?東京に来たばかりなのです。」

とっても丁寧な運転手さんです。

タクシーに乗ると時々、三日前から始めましたなどという方が
いますからよくあることと思いました。

道を決めたところでメールが入り私は返信をしていました。

到着まで5分位のところで、何処からいらしたのですか?と聞い
てみましたら・・・

「石巻です。」

「・・・・・ まぁ、石巻ですか?」

私はびっくりして仙台のSh子さんから石巻が大変だと聞いて病
院に寄付をさせて頂いたことなどをお話してしまいました。

南三陸の「ミシンでお仕事プロジェクト」の話や、如何に私たち
東京に住んでいる者たちが心配をして何かお手伝いしたいと
思っているかなどをお伝えしたのです。

運転手のOさんは途中から目を拭いはじめ、私も涙が滲んで
きました。

Oさんは家が半壊で保険も一部しか出ず、伯父さんの家に居候
していたと仰いました。

「単身赴任ですよ。」

「今は会社の寮にいらっしゃるのですか?」

「はい、でも4月からは大学に入る息子と一緒に住むことになっ
ています。」

嬉しそうにおっしゃいました。

中目黒に着いてしまったのですが、しばらくお話を続けました。

私たちは気持ちはあるのですが、的外れなことはしたくないし、
でも一生懸命考えてできることを続けていこうと思っていると
お話しました。

Oさんはやはり辛いのは「精神的なこと」だと仰いました。

10か月経って物質的なことは整いつつあるけれど、特にお年
寄りは辛さから立ち直れないのだそうです。カウンセリングが
受けられて話を聞いてもらえるうちはいいけれど、それもいつ
までもは続かない。

難しい問題ですね。

阪神大震災のときも仮設住宅の一人暮らしの方々を訪ねて回
るボランティアがいらしたことを思い出しました。

Oさん、どうぞお元気で。4月からは楽しくなられますね。

| | コメント (3)

2012年1月18日 (水)

アイスクオーツのペンダント

2012011812120000


大きなヒマラヤ産のアイスクオーツが特徴的なペンダントです。

フィルダリアーヌさんのショップで見つけたとき、日常的に身に
つけている自分が思い浮かびました。どんな服にも合って飽き
ない感じです。

それにこの大きなクオーツ。存在感があります。地球温暖化の
影響で溶けた氷の下から発見されたものだそうです。

ヒマラヤ産のクオーツは、クオーツの中でも特に力があると言
われています。そのパワーと浄化力を味方にしようかしら。

フィルダリアーヌさんのアクセサリーは甘さの少ない端然とした
ところがステキです。その中でほんのり香る女性らしさがパー
ルとクリスタルのじゃらじゃら。

| | コメント (3)

2012年1月17日 (火)

いただきもの

2012011722310001

好物のずんだ餅を頂いたのですが、ちょうど届いた
ラ・メルベイユのお紅茶にぴったりなのです。


2012011722420001

Nuwara Eriya という紅茶です。

初めて飲んでみたのですが、何ともいえず爽やかな
味わいです。

mamiさんが仰る通り、本当に和のお菓子と相性がい
いのです。でも飽くまでも「紅茶」なのです。

ヌワラエリヤとはスリランカの避暑地の地名からきて
いる名前だそうです。

| | コメント (4)

2012年1月16日 (月)

保温器

2012011619210000

パソコンのUSBに接続する保温器です。

効果のほどは実験中です。

2012011619170000

冷たい飲み物の保冷にも切り替えできる
そうです。

後記 残念ながら保温カップより効かない
レベルでした。

| | コメント (1)

2012年1月15日 (日)

ドログリーのモヘアで

2012011608270000


友達のH子さんが教えて下さったのでまたまた
マフラーを編みました。

「ドログリーのモヘアは色数が沢山あって、ジャ
ンボ針で編めるからすぐできるわよ。」

H子さん、本当に二晩で出来ました。

色を選ぶのも楽しかったわ。

2012011608290002

| | コメント (2)

2012年1月14日 (土)

サブレ

2012011418560001

久しぶりにサブレを焼きました。

ところで、朝テレビですてきな女性に変身させるという
番組をやっていました。

モデルの道端ジェシカが博多からやって来たモニター
の女性のファッションを見て、ちょっと笑って開口一番、

「こういうブーツは今流行っていない。」

その人が履いていたのはふくらはぎ丈のブーツ。

すると、世話役のアンガールズが、

「それはどこに書いてあるんですか?」

その答えが洒落ていました。

「ファッション雑誌などに写真で表現されています。」


確かに。

その後彼女がその女性のために選んだ一揃いはとて
もすてきで似合っていました。

「流行を追う」って悪いことのように思われていますが
トレンドを意識するのは大切なことです。新しい良い物
を見ることで自然に自分のセンスが磨かれていくので
はないかと思うのです。

ファッションに限らず新しいものに敏感でいたいです。

| | コメント (2)

2012年1月13日 (金)

東北・明日へつなぐ

Gakusyu_2

「役立ちたい」から学習熱

日経新聞夕刊の連載コラムです。

ベターホーム協会の仙台教室では、昨秋開講した
男性初心者向けコースが大盛況だといいます。

皆 ボランティアの被災地での炊き出しを見たり聞い
たりして、自分もなにかしたいと思うようになったそう
です。

他にもスポーツクラブや語学学校なども生徒数を伸
ばしているそうで "様々な思いが新たな行動を呼び
起こし、被災地の景気を支えている。" と綴ってい
ます。

| | コメント (0)

2012年1月12日 (木)

マフラー

2012011123320000

被災地に送るマフラーはもう編みあがったのですが、
何か手にしているのが癖になってまた編み始めて
しまいました。

これは段染め糸で黒っぽいところは濃紺です。

波型でしかも模様編みなので、一段一段数えて紙に
チェックしながら編んでいます。

| | コメント (0)

2012年1月11日 (水)

輸入生地

2012011118000000

ネットショップでとっても楽しい生地を見つけたので
買ってしまいました。

アメリカ製のプリント、綿ブロードでしっかりしていま
す。

エプロンを作ってみようと思っています。

可愛くないですか?ちょっと行き過ぎ?

ショップのために作りためておこうかな・・・

| | コメント (2)

2012年1月10日 (火)

ネックウォーマー

2012011018590001

6個出来ました。

手前の2枚はアクリルですがとっても肌触りがいい
のでお年寄り向きです。

グレーと赤のは変わりゴム編みで出来上がってみ
たら一番いい感じ。

ブルーの市松模様はビンテージボタンを付けたら
ましになりました。

紫と黄色のボーダーはお子さん向けに小さくしま
した。

お友達が編んで下さったのと一緒に早稲田に送り
ます。次回のミシン講習会のとき南三陸に持って
いってくださると思います。

| | コメント (1)

2012年1月 9日 (月)

フェルトのブローチ

2012010922430000

そろそろ2月のボランティア・クラフトの題材を
考えないと。

以前お店で見つけて買ってあったブローチ。

これ、何とかならないかしら?

椿のようなお花で可愛いのです。

厚手のフェルトに色を加えてあります。

色の染め方と、どの工程をおばあちゃま方
にして頂けるかという問題があります。

| | コメント (0)

2012年1月 8日 (日)

湯たんぽ

2012010813510000_2

息子がどこかで頂いてきたコアラのマーチの
湯たんぽです。

これをお腹に抱えて編み物をしています。

今週中にしなければいけないことが沢山あって
大変です。

| | コメント (2)

2012年1月 7日 (土)

「パパの28のルール」Ⅳ

16から最後の28まで。

16、人と会うときには身分の上下に関わらず平等に
   接しなさい。自分より上の人には敬意は払っても
   おもねってはいけない。

17、年長者は尊敬すること。年齢は知恵と同じだから。

18、いつも兄妹の利益を第一に考えて。

19、自分がイギリス人であることに誇りを持ちなさい。
   でも異文化にも心を開くように。旅をして世界を
   知るようになれば生まれ育った土地は、素晴ら
   しいと同時にありふれていることに気付くだろう。
   うぬぼれてはいけない。

20、野心を持ちなさい。ただ、それには技量と努力の
   裏付けが必要だ。

21、毎日精一杯生きなさい。いつも明るく笑いながら
   足を止めずにね。

22、学校ではベストを尽くしなさい。先生は励まして
   くれるとは限らないから、自分で自分を奮い立た
   せて。

23、財布が許すかぎりいいものを買いなさい。
   ホテルや洋服、靴、メイク、宝石などをケチらない
   こと。でも値段に見合ったものを慎重に選んで。
   物には支払っただけの価値がある。

24、決してあきらめてはいけない。
   二人にはパパはいないけれど、勇敢さと広い心、
   健康そして強さという武器がある。
   それに守ってくれる家族や友人たちがいる。
   財産は自分で築くもの、戦い続けなさい。

25、自分に同情するな。少なくとも長い間するな。
   泣いても物事は良くならない。

26、身体のケアは大事だよ。あとあと良かったと思う
   からね。

27、外国語を学びなさい。外国の人と初めて話すとき
   は挨拶くらいは出来ないと。
   最悪その場で教えてもらってもいいから。(相手が
   英語ができればね)

28、最後に・・・
   ママを大切にしなさい。
   ママを助けてあげなさい。

 二人に愛をこめて
 パパより                             
                              おわり

| | コメント (5)

2012年1月 6日 (金)

「パパの28のルール」Ⅲ

今日は6から15まで。

6、 悪口を言うな。君が悪く見えるだけだ。もし誰かとの間に
   問題が起きたら、本人に面と向かって言えばいい。

7、 カッとするな。もし誰かが君を怒らせてもすぐに反応して
   はいけない。一度口にしてしまったら取り返しがつかない。

8、 楽しもう。リスクもあるけれど、覚悟を決めて。

9、 寄付をして君より不運な人を助けるように。たやすく出来て
   しかも君のためにもなるのだ。

10、常に明るい見方をしなさい。コップの中身はもう半分しか
   ないのではなくてまだ半分もあるのだから。
   逆境の裏には得難い貴重なものが隠れている。問題は君
   がそれを見つけられるかどうかなのだ。

11、取りあえずイエスと言ってみよう。
   出来ない言い訳ではなく、やりたい動機をみつけよう。
   友達はきっと歓迎してくれるだろう。

12、先を見越して。相手の望み以上にめいっぱいやってあげれ
   ば、相手も思いっきり返してくれる。お互いさまということ。

13、パーティーの招待は必ず受けること。行きたくないときも
   あるかも知れないが彼らは君に来てほしいのだ。礼儀と
   敬意をはらうこと。

14、友達をがっかりさせるな。友であるからにはどんな要求に
   だって応えるんだ。それほど友達選びは重要だということ。

15、良いサービスは尊重と同じ、チップを弾め。でもサービス
   の悪さは侮辱しているのと同じ、応じなくてよい。

                      (一部、番組の翻訳が含まれています)

「ハンドメイドプロジェクト」のネックウォーマーの途中経過です。

3つ完成、3つ同時進行です。

2012010609550000

| | コメント (2)

2012年1月 5日 (木)

「パパの28のルール」Ⅱ

1から5までを私なりに訳してみました。子供たち、見せたら
読んでくれるでしょうか?

1、礼儀正しく、時間を守り、いつも please と thank youを
  口にしよう。
  ナイフとフォークはきちんと持つこと。 人は君のマナー
  を見て君をどう扱えばいいのかを探る。

2、他人(ひと)が困っているときは、例え自分も辛くても親
  切心と思いやりを持って接しなさい。
  他人は君の献身を認め、君が同じ目に遇ったとき助け
  てくれるだろう。

3、道義にかなったことをしなさい。嫌われても正しいと思う
  ことをしなさい。
  父さんはいつも朝起きて鏡の中の自分を見るとき、罪
  の意識も後悔もない自分で居られるように努めてきた。
  私はやましい心なしに旅立つことができたと思っている。

4、謙虚でいなさい。自分の足でしっかりと立ち、反対の意
  見を言う人がいたら立ち止まって聞き、自分が間違って
  いると分かったら潔く引き下がりなさい。
  名誉を失うことを恐れてはいけない。それは面目でも何
  でもないただの強情に過ぎない。

5、失敗から学びなさい。
  君はこれから沢山失敗をするだろうからその数だけ学
  べるということだ。
  ただ、もし君が何回も同じ失敗をしたり、深刻な事態にな
  るとしたら、君の何かが間違っていると思いなさい。

                               (一部、番組の翻訳が含まれています)

| | コメント (5)

2012年1月 4日 (水)

「パパの28のルール」

「パパの28のルール」       世界仰天ニュースより

イギリスの学校教師、ポール・フラナガンさんは癌の
余命宣告を受けたあと二人の子供たちのために存命
中にできる様々なことをやり始めました。

例えば家にある本にはすべてメモを挟みこみました。

将来子供たちが手に取ったときにその本がどのように
優れていていかに読む人に必要な大事なことが書か
れているかを知らせるためです。

また、パソコンにファイルを残していました。

それは父親として子供たちに教えたい28のルールで
した。

子供たちはまだ幼かったので必要とされるときに自分
は側に居てやれない、そう考えて人生に大切なルール
を書き残したのでした。

例えば、
1、礼儀正しく時間を守り、いつも please と thank you
を言おう。ナイフとフォークはきちんと持つこと。人は君
のマナーを見て君をどう扱えばいいのかを探る。

ネットで探し出したHPです。原文が載っています。

A FATHER'S RULES FOR FINDING FULFILMENT

いずれ訳して子供たちに見せてやりましょう。

奥さんのマンディーさんは7歳と3歳の子供たちと出演し
「パパのルールはとても古臭い考え方で真面目でポール
の素敵な人柄をよく表しています。このルールを通して
ポールはいつも私たちの中にいます。」と語りました。

     

| | コメント (0)

2012年1月 3日 (火)

お多福

2012010315560001

福が沢山来ますように・・・

京都・北山の「マールブランシュ」のお正月パッケージ。


2012010315570000

メイプルパイ、京サブレ、一口サイズのバター・カステラ、
絵馬のクッキーも入っています。

清水坂店限定でこんな斬新なパッケージもあります。

Kymzitem_kp

| | コメント (2)

2012年1月 2日 (月)

「戦火の馬」

T0010508p


3月に公開されるスピルバーグの新しい映画です。

この映画は第1次世界大戦を舞台にした話でイギ
リスの児童文学が元になっています。

Joy と名付けられた美しい馬と少年は戦争によって
引き離されてしまいます。戦場で使われるため徴用
されて大陸に送られるのです。

最前線で戦う軍馬となった Joy は数奇な運命を辿り
様々な人々と出会います。

私たちは何故映画を見るのでしょう?

「共感」して「勇気」をもらう・・・

それに尽きるような気がします。

イギリスの田舎の美しい景色がたっぷりと見られそう
なのも嬉しいです。

| | コメント (0)

2012年1月 1日 (日)

元旦

2011122513160001_3

一年の初めに思うことはいろいろあります。

”何事もやりすぎず、一歩引いて”をモットー
に過ごしてみましょう。

せっかちなのでそれを直せば全て好転する
気がします。

あぁ、この決意憶えていられるでしょうか?

| | コメント (2)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »