« シロノワール | トップページ | 土用の丑の日 »

2012年7月26日 (木)

選択理論

選択理論・リアリティセラピーというものがあることを知りました。

私は自己啓発のようなものは避けながら生きてきましたが、
心理学には興味があります。

アメリカの精神科医ウイリアム・グラッサー博士が発表した心理学
が選択理論だということですが、これを利用したセラピーなどが
行なわれているようです。

研究者のブログにこんなテーマがありました。

「選択理論的 過去の扱い方」

あのときこうしていたら・・・私などいつも後悔してしまいます。

でも、

リアリティセラピーのカウンセリングでは、
過去を掘り下げたり、
過去に原因を探したり、
過去の出来事について分析したり…

というような、

過去に焦点を合わせたアプローチは行わない。

どんな過去であったとしても、

「すべての行動には目的があって、
人はそのとき出来る最善の行動を選んでいる」


と理解するそうです。

(後になって考えれば、違う答えが見つかることも
そのときは誰でも、精一杯の行動をしているということです…)

「人は、過去の出来事の産物ではあるが、
その犠牲者となるかどうかは、自分で選ぶことができる」

精神分析っていうのが昔流行りましたが過去を語らせて
解決を図るようなイメージがあります。でも私 語れば語る
ほど自己憐憫に陥るだろうと思っていたのでこれ正しい気
がします。

|

« シロノワール | トップページ | 土用の丑の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

過去は変えられないけれど、過去の犠牲になるかどうかは自分次第ということなのでしょうか。

アウグスティヌスが、「私は過去のことを忘れ、来たりまた去りゆく未来のことに注意を分散させずに、まのあたり見るものにひたすら心を集中しなければならない」と言っているのを思い出しました。それが出来れば、ほとんど悩みはなくなるんだろうなぁ、と思います。

投稿: Ariane | 2012年7月27日 (金) 21時28分

Arianeさん、今を生きるということらしいです。
まだ良く調べないと安易な自己啓発に近いものかも知れません。
断片的に取り入れて自分の益になればいいとも割り切りたくはないです。
一度本を読んでみます。

投稿: silkribbon | 2012年7月28日 (土) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1334795/46473219

この記事へのトラックバック一覧です: 選択理論:

« シロノワール | トップページ | 土用の丑の日 »