« うなぎ 井筒屋 | トップページ | staubのお鍋 »

2013年4月23日 (火)

台湾風景

台湾の山河は日本のそれに似て兄弟の趣きあり

台湾人の心根は旧き日本人の心根に似て懐かしい

新幹線から見る田園風景は、田圃と畑、工場、住宅が
混在していて東海道新幹線から見える静岡、愛知の
風景とそっくりでした。

駅構内の佇まいも時間の正確さも何の違和感もなく
落ち着けるのです。

私たちももっと昔の良さを取り戻したい。

|

« うなぎ 井筒屋 | トップページ | staubのお鍋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同感です。日本人って新し物好きですから、古いものを意識的に大切にする必要があるかもしれませんね。私は観ていないのですが、『トントンの夏休み』という台湾映画にも、懐かしい昔の日本が残っているようだ、という話を聞いたことがあります。

投稿: Ariane | 2013年4月24日 (水) 23時16分

Arianeさん、台北は東京と同じ近代都市ですが、地方にはどこか故郷を想わせるような懐かしい趣きがありました。
九份の近くに日本統治時代の町があるそうですが今回は行かれませんでした。次回はゆっくり田舎を訪ねてみたいと思わせてくれる国でした。

投稿: silkribbon | 2013年4月26日 (金) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うなぎ 井筒屋 | トップページ | staubのお鍋 »