« 軒先パーキング | トップページ | そうめんかぼちゃ »

2013年8月20日 (火)

事件の報道

札幌市で強盗事件があり、会社役員の方の家から1400万円が
盗まれました。

この報道についての疑問です。

被害者の95歳の会長さんがインタビューを受けて話されるには
外国人らしき3人組の要求するまま金庫を開けて1400万円を渡
したというのです。「金が欲しいのだろう」・・と躊躇いもありません。

それはいいのです。命の方が大切ですから。

でもこれを詳細に報道してはいけません。というかインタビューを
受けて得々と話してはいけません。

豪華な家の外観も、暑さのため20cm開いていた一階の使用人部
屋の窓の写真も映りました。

テレビのニュース番組にでるのはまずいですね。新聞に出るだけな
ら ○国人強盗に気を付けようという警告になって意味もあるのです
が・・・ 

そうっとしておいて、あっさりとした記事にして欲しかったです。

多分 ○国ではこのニュース番組が瞬く間にネットにあがっていると
思います。

1400万円のためならば借金してでも強盗団が日本にやってくるで
しょう。

今思い出すのはマニラに住んでいた頃、常識として教えられていた
いくつかのことです。

まず、ひったくりに遇ったときはすぐにバッグを放しなさい。

次に、泥棒に入られたら用意しておいたお金を顔をそむけて泥棒の
顔を見ないようにして渡しなさい。

三つ目は、被害届は決して警察には出さないこと。(大使館には報告
します。)

出したところで犯人は絶対捕まらないし、新聞で日本人宅で強盗に
いくらいくらを盗まれたなどと報道されると他の日本人の家が狙わ
れることになり、同胞にとって大変な迷惑になるからです。

日本人の家には何千ドルものお金があったなどと言われると新たな
事件が誘発されることになるのです。

1度間抜けな駐在員がいて警察を呼び、新聞に出てしまったことが
あって、みんなであきれた覚えがあります。

これほど世界の常識は日本とは異なるのです。

今は国境を越えてインターネットでニュースがあっという間に伝わる
時代です。

日本人はナイーブ("無知"というのが正しい意味です)で、おめでたい
ということを自覚しないと。

どちらにしても強盗事件は増えているので、油断をしないようにしまし
ょう。

|

« 軒先パーキング | トップページ | そうめんかぼちゃ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

日本の常識と世界の常識、全然違っているという事が何かとありますよね。
日本人でも留学したり、海外で暮らしたりしている人が大勢いるのに、その違いを踏まえておこうという視点が日本にあまりないのは何故なのかと、不思議になることがあります。

投稿: Ariane | 2013年8月20日 (火) 23時22分

Arianeさん、
外に身を置いて日本を見るとみえてくることは沢山あります。私も今は流されてしまっていますが、現在の日本を外から見ている邦人は多分心配で夜も眠れないことと思います。

投稿: silkribbon | 2013年8月21日 (水) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軒先パーキング | トップページ | そうめんかぼちゃ »