« セグレタ | トップページ | しめじの炊き込みご飯 »

2013年10月 7日 (月)

座禅

「ヨーロッパの人はだいたいそうだが、私はそれまで

自己というものは頭の中にあって、体は脳を生かす

ための道具にすぎないと思っていた。

しかし座禅をすると、心と体がぴたりと一致する。

さらには周りの自然も自分とつながっていることを

肌で感じて、ハッとした」

但馬の山奥にある禅寺安泰寺の住職は20年前に
仏教を学ぶため日本にきたドイツ人のネルケさん。

朝3時45分に起床、農作業や山仕事に加えて一日
5時間座禅を組み夜9時に床につく日々だそうです。

こういった本当の座禅をしてこそ掴める境地があるの
でしょう・・

Newsweek 「日本を極める」より

|

« セグレタ | トップページ | しめじの炊き込みご飯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セグレタ | トップページ | しめじの炊き込みご飯 »