« ハンガリーレストラン | トップページ | ウイリアム・モリスの生地 »

2013年11月22日 (金)

梅村マルティナさんのOpal毛糸

4445_big_2

Opal毛糸は編んでいくと自然と柄が出てくるのです。

誰が編んでも模様編みになります。


4445_big_4

とっても可愛いのですが何を作りましょう・・・

梅村マルティナさんは京都から気仙沼に移り住んで
ドイツの毛糸を紹介し気仙沼の人々とともに歩んで
います。

こんにちは、梅村マルティナです。

私はいま、宮城県気仙沼市に「梅村マルティナ気仙沼FSアトリエ株式会社」
という長い名前の会社を作って、住民票も気仙沼に移しました。会社設立の
目的は、「編み物」という手段により、被災地のみなさんが一日でも早く自立
した生活を確立すること。そして日本中の、みなさんと編み物の楽しさを共有
し、「しあわせを編む仲間」の輪を気仙沼から全国に広げることです。  

 〜毛糸にふれればみんなしあわせ〜

みんなで編み物を楽しんで、それが復興につながったら素敵ですよね。

http://www.kfsatelier.co.jp/index.html

|

« ハンガリーレストラン | トップページ | ウイリアム・モリスの生地 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

まあほんとに模様になるのですね!
凄いわ。
色使いも素敵です。

投稿: mami | 2013年11月23日 (土) 00時16分

mamiさん、凄いでしょう?
この色はオーストリア人のフンデルトヴァッサーという画家の絵からインスピレーションを得て染められた糸ですって・・・
きれいな糸がありすぎて困るくらい。
早く編みたいけどいまcottoの注文品ができていないの。

投稿: silkribbon | 2013年11月23日 (土) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンガリーレストラン | トップページ | ウイリアム・モリスの生地 »