« 珈琲染め | トップページ | 吉野の桜 »

2014年4月11日 (金)

なおざり と おざなり

「なおざり」 と 「おざなり」

昨日、小保方さん関連のニュースで有識者らしき方が
”なおざりにする・・・”という表現をしていらしたのを見て、
自分の解釈に自信が持てなかったので調べてみました。

「なおざり」とは「等閑」と書くそうで”おろそか””不注意”で
”放置”すること。

これと混同しやすい「おざなり」は「御座成り」と書いて意識
して中途半端、いい加減にすることだそうです。

まだ何だかすっきり分からない気がしますが、

「なおざり」は怠慢

「おざなり」はやっつけ仕事  ということかな?

小保方さんのことは ”なおざり・・・”のほうを使っていらっ
しゃいました。     

納得? なおざりのほうが厄介な気がします。おざなりは相
手に分かりますから・・・

|

« 珈琲染め | トップページ | 吉野の桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なおざりとおざなり、そう言えば混同しやすいですね。
小保方さんは、勉強がなおざりだったという話なんでしょうか・・・。
友人で理系の研究者がいるのですが、彼女も、小保方さんは大学院まで出ているのに、あんな事をするなんて、よく分からない人だと言っていました。
研究者としては、考えられないレベルの事をしていますから。

投稿: Ariane | 2014年4月17日 (木) 21時35分

Ariane さん、どうしてもW大のOO入試に責任があるように思ってしまいます。理系でOO入試ってあり得ない気がします。文系理系に拘らず研究には地道な積み重ねが根底にありますよね・・・その訓練を疎かにして入学した訳ですから。

投稿: silkribbon | 2014年4月21日 (月) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 珈琲染め | トップページ | 吉野の桜 »