« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

2度目

61


「マダムインニューヨーク」が8月8日までで終わるので
やっぱりもう一回見に行ってきました。

同じ映画を2度見るなんて初めてのことです。

結婚式でのお祝いの言葉は

”結婚とは対等な者同志が築いていくもので、大きな世界
の中で家族だけがちっぽけなあなたを認めてくれる。
人は自分のことが嫌いになると回りの人のことも嫌いに
なるものだから気を付けなさい”

家族制度の残る、保守的なインドの女性が話すからこそ
重みのある言葉でした。

| | コメント (0)

2014年7月29日 (火)

リボンハンガー

46

今回はこの3色で作って頂きました。

44

最初の所が大変難しいので、予めここまで編んでおき
ました。

47

それでもなかなか難しい。みなさん苦労していらっしゃ
ったのですが、出来上がってみると きれい きれい と
喜んでくださいました。

55





| | コメント (0)

2014年7月27日 (日)

アンティミテ

43ヴァロットンー冷たい炎の画家 図録より

ヴァロットンの”アンティミテ”

「親密さ」と名付けられた木版画の10点です。

木版画は限定数が刷られたあと、版木が破棄されるので
すが、破棄するために切断してその証明のためにこうして
破片を合わせたものが刷られるのです。

この破棄証明のための刷りが何とも魅力的で一番惹かれ
るのは何故でしょう?

| | コメント (0)

2014年7月26日 (土)

ヴァロットン展

38

丸の内の”三菱一号館美術館”

ヴァロットン展をやっていると知り、初めて行ってきました。


25


26

明治の建築を復元して美術館としてよみがえらせたのです。

旧銀行営業部はカフェになっています。

42

27

ヴァロットンはスイス人でパリに移り住み、ナビ派の画家
として活躍した人ですが白と黒の木版画で有名です。

iphon にアプリをダウンロードするという方法で音声ガイド
を購入しました。

これ、とってもいい。

画像と解説と特別に選ばれた音楽をあとからも楽しめる
なんて画期的です。

34

中庭はこんな風、丸の内の住民 羨ましい・・・

32

| | コメント (2)

2014年7月25日 (金)

ミステリー小説

Photo_2


キャロル・オコンネルはジャンルでいうとハードボイルド。
アマンダの影はマロリー・シリーズの2作目です。

浦賀和宏さんの本は書店で見つけて何となく買ってみた
ものです。

今友人から借りた「ペテロの葬列」を読んでいるので、しば
らくかかります。こうやって次に読むものを用意しておくの
が好きです。

貯金ならぬ、楽しみを貯めておくのが嬉しい。

| | コメント (0)

2014年7月22日 (火)

胃カメラ

        Imagecar0f63i_2


毎年7月末か八月に胃カメラ」の検査を受けています。

あるお医者さまからご自分が毎年検査にいらしていると
いうクリニックを紹介して頂いたのが最初です。

新宿区の大久保にある「クマガイサテライトクリニック」
長年慶応病院で胃カメラの検査をしていらした熊谷義也
先生が16年前に検査専門の医院を設立なさったのです。

今日は診察というかご相談に行きました。

私が13年前に手術をして頂いた外科医の先生が退任
なさったそうでこれからはその病院に行くのをやめてこち
らでエコーや血液検査もして頂くことになりました。

それにしても今日の東京は暑かったです。

| | コメント (0)

2014年7月20日 (日)

アジサイの挿し芽

23_2

山アジサイの挿し芽をトライしてから早や3週間。

新しい芽や葉っぱが出てきたので良さそうなもの
を選んで大きな鉢に移しました。

これからは日当たりも必要です。


24_2

こんな風に芽が出てきたものも・・・


22_2

"ミータン"もまた咲き始めました。

挿し芽の世話のついでに花がらを取ってスプレー
してやったのが良かったようです。

| | コメント (0)

2014年7月19日 (土)

テディベア・コンベンション

20

今日から二日間東京フォーラムで行われるテディベア・
コンベンションに行ってきました。


19

毎年のことでしょうが大変な人出でした。


18

目的はこのベアちゃん。

POLARIS さんの毛糸のテディベアちゃん。

名前は "etoffe のお姉さん・ベア"

一般入場でしたので私が着いたときにはもう半分以上の
ベアちゃんたちが引き取られていった後だったのです。

それなのに・・・

居てくれて 良かった。

さくらベアちゃん、カプチーノ*ベアちゃんに続いてのお仲間
入りです。

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

祇園祭り

この暑さは何処かでいつか経験したような・・・

と思っていましたら、数年前に行った京都の祇園祭りでした。

そうです。この季節です。

祇園祭    2007年に初めて祇園祭をみたときの様子を 
         綴った記事です

実は祇園祭には今年から大きな日程の変更があるそうです。
クライマックスの山鉾巡行を前祭の17日と後祭の24日に
分けて行うことになったのです。

50年ほど前のかたちに戻るということだそうです。

前祭(まえのまつり)には23基の山鉾、後祭(あとのまつり)
には10基の山鉾が登場するということなので去年までのよう
に一度に全部の山鉾を見ることができなくなりました。

当然巡行の時間も短縮されるので物足りなく感じるのではない
かしら?

それとお稚児さんは長刀鉾にしか乗らないので後祭には登場
しないことに・・・

Cajyshih

これは辻回しの様子です。7年前に撮ったものですが
山鉾を方向転換するのに竹の棒と水を使うのです。

器用に竹の棒を車輪にかませて水を掛けながら回し
ていきます。

また行ってみたいものです。

| | コメント (0)

2014年7月16日 (水)

母のこと

66_1

ホームに入ったところで古くからいる看護師さんに会い
ました。

「最近では、お母さま可愛いおばあちゃんになられまし
たよ」

いつも機嫌がいいらしいのです。

3階に行ってスタッフのTさんと話しても、

「食事の介助をさせて下さるようになっています」

「昨日は”お金をもらったの、隼彦さんから”って仰ってい
ました」

「このあいだ、幾つって聞いたら21歳って仰いました」

Tさんはとてもいい人でいつも母に話しかけてくれます。
それも本当に興味を持って。

母が私のことも分からなくなって大分経つのですがいま
だに父の名前を言うのはもしかしたら21歳の時にまで
戻ってしまったからなのかも知れません。

新婚の頃に気持ちが戻って父からお給料をもらったこと
を思い出しているのかも知れません。

「Tさん、母は父とあまり仲がよくなかったのだけど、いま
だに"隼彦さん"と父の名前だけは忘れないのはもしかし
たら19歳のときに出会った父に一目ぼれしていたのかも
しれないわ」

母は私には東京の事務所に遊びに来た時に父に会って
継母のいる神戸に帰りたくないからすぐに結婚を決めたの、
お父さんもはねっかえりの娘が出て行くのを喜んでいたの
と言っていたのです。

照れだったのですね。

理不尽な継母から逃れ、難しい舅姑に仕える新婚生活で
したが、若かった母は一所懸命 婚家に染まろうとしていた
のでしょう・・・

その頃幸せだったのね、ママ。

| | コメント (2)

2014年7月15日 (火)

長門

16

日本橋・長門の葛もちです。

祖母が贔屓にしていたので子供の頃から好きな味です。

祖母?ということはと調べてみたら・・・それどころか、徳川
吉宗の頃からあるそうで、300有余年。


17

葛もちとは言っていますが今でいうわらび餅です。

在りし日の父にまつわるちょっと哀しい思い出の
あるお菓子です。

| | コメント (0)

2014年7月14日 (月)

「マダム・イン・ニューヨーク」

Miny_sub6_large_4


銀座和光の裏の映画館にインド映画を見に行って
きました。

平日なのに結構な人出。妙齢の(というか老齢の)
ご婦人ばかり。

昔ながらの育てられ方をした主人公はムンバイの
そこそこの知識階級の社会のなかでは少数派。

ほとんどのお母さんたちが英語を話すなかで肩身の
狭い思いをしています。

そんな折、NYに住む姉の長女が結婚式を挙げるため
その手伝いに行くことになりました。

アメリカでは披露宴を取り仕切るのは花嫁側というしき
たりなのでお姉さんには加勢が必要なのです。

主人公の Shasi は心機一転英会話の学校に通い始め
ます。

というような話なのですが、さすが映画製作本数世界一
というインドの映画です。ツボを押さえよくできています。

良き母、良き妻となるよう育てられた Shasi の芯の強さ、
真っ当な考え方が英語というツールを得て花開くさまが
心憎いほどの展開で語られます。

Shasiの語る言葉はひとつひとつ胸に来て涙、涙、ティッ
シュをさがしてバッグの中を漁ることになったのです。

そしてインド映画お約束の踊りはというと・・・

ちょっと油断するとミュージカルの様相を呈して、
クライマックスの披露宴では当然全員が踊りまくり。

まだまだ語り足りない。
もう一回見に行こうっと。

| | コメント (0)

2014年7月13日 (日)

フラワーギルド

12

昨日は年に2回くらいある教会のお花当番で、本郷まで
行きました。

途中東京駅の八重洲口を通ったら随分変わっていてびっ
くりしました。

昔JALの営業所が入っていた鉄鋼ビルは跡形もなく多分
大丸のビルになっているような・・・

駅の乗降口、車溜まりには巨大な屋根がついていて素敵
です。

15

家の近くの花屋さんでカサブランカをもう開いているからと
格安にして頂いたので今回は豪華。

やはり祭壇には百合の花が合います。


14

| | コメント (0)

2014年7月11日 (金)

家庭菜園

9

友人がご主人丹精のお野菜を送って下さいました。

モロッコ隠元、大根、フェンネル、大葉、

そしてアーティチョークの花。

ズッキーニ、トウモロコシ、きゅうり、ゴーヤ、茄子、
トマト。

フェンネルは球根のところを生でスライスして食べ
られるそうです。

鎌倉野菜ならぬ あざみ野野菜、どのように使いま
しょう・・・

| | コメント (0)

2014年7月 9日 (水)

バスマット

8

お風呂あがり用のマットです。

珪藻土製なのでさらっとすぐ乾きます。

迷っていたのですが思い切って買ってみました。

7

一応タイル模様になっていてこんな感じ。

まだちょっと慣れないのですが、濡れたタオル地を
踏まないでいいという点ではその通り。

| | コメント (0)

2014年7月 7日 (月)

グラノーラ

73_2


自由が丘の "Today's Special" で友達に勧められて買った
グラノーラ。

普段使いにはちょっと高級なお値段でしたが、’チェリー・
ピスタチオ’というお味に惹かれて選んだのです。

アサイーにかけてみたらとっても美味しい。

やはり、これからはいいものを少量ですね。

Today's Special は台所用品、食材、非常に美味しいケーキ
を出すカフェも併設されています。

| | コメント (0)

2014年7月 5日 (土)

展示会

5

お友達のアクセサリー作家の さわせ・たり さんの展示会が
例年通り学芸大のグラスホッパー・ギャラリーでありました。

今回は彫金作家のコカイ・ユキさんとの二人展です。

6

この2点、ガーネットのネックレスかアメジストのブレスが
素敵なのでどちらがいいか娘に写メしました。

それでブレスレットを頂いてきました。

ただ、問題が・・・

私に丁度いいサイズのブレス、異常に手首の細い娘には
きっと合わないわ。

直して頂くことになりそうです。

| | コメント (0)

2014年7月 3日 (木)

吉祥寺 

1_3

吉祥寺に行ったのは何か月ぶりでしょう?

井の頭線のホームに着いて改札を出て仰天しました。

正面に見えるのはガラス越しのJRのホーム。

右側にはBEAMS、左側はスタバです。


2_2

もと伊勢丹のコピスビルでやっていたのは”布のステンド
グラス”の展覧会でした。


4_2


3_2

| | コメント (0)

2014年7月 1日 (火)

コンサート

86

今日は表参道の河合ピアノで礒 絵里子さんのデュオ
コンサートでした。

ベートーベンのヴァイオリンソナタを毎年続けようという
大きな試みです。

後半の曲はフランクのヴァイオリンソナタ イ長調。

絵里子さんは最高のフランク弾きだと私は思うのです、
素人がそんなこと言うのも何ですが・・・


85

終わって外に出てきたら新しくできた表参道のアップル
ストアはまだまだ長蛇の列。

SIMフリーのipadの売り出しで華やかなこと・・・


90_2





| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »