« IKEAの器 | トップページ | 虎の門ヒルズ »

2014年8月16日 (土)

「雲ながるる果てに」

8


昨日は69回目の終戦記念日でした。

映画「雲ながるる果てに」は鹿児島の特攻隊基地を
舞台に学徒兵たちの出撃前の姿を描いたものです。

父はやはり志願した海軍予備学生でした。当時大学
を繰上げ卒業して志願した学生たちは大勢いました。

終戦が一週間遅ければ出撃していたと語っていた
父は海軍特攻隊の偵察の水上機に乗っていました。

父がどんな思いで仲間を見送り、出撃の覚悟を決め
ていたかは想像することも難しいことです。
少しでも知りたいと思いこのDVDを買いました。

この名作は同名の学徒たちの手記をもとに作られて
いるそうですが、淡々とリアルな兵士たちの生態を
描いていて却ってそこに凄みが感じられます。

出撃していった20歳そこそこの若者たちがどう気持ち
に折り合いをつけて行ったのかは思いも及びません。

でも彼らは大切な家族のため、そして更に未来の子供
たちのためになると信じて死んでいったに違いないと
昔から固く固く思っています。

ですからせめて毎年8月には乏しい知識を埋め合わせ
るためにも本を読んだり映画を見たりするようにしてい
ます。

父は56歳で亡くなってしまったので話をきくこともできま
せん。

|

« IKEAの器 | トップページ | 虎の門ヒルズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IKEAの器 | トップページ | 虎の門ヒルズ »