« ヤマモモ | トップページ | 琥珀 »

2015年6月30日 (火)

夏越しの大祓(なごしのおおはらえ)

人が知らず知らずのうちに犯した罪や過ち、心身の穢れを
祓い清めるための神事を「大祓」といいます。

Img_5311_3


6月30日は今年の半分が過ぎたところです。

この日には半年間の罪、穢れを祓い清め、残り半年間の
無病息災を祈願する「夏越しの大祓」が日本各地の神社
で執り行われます。

この日、神社の鳥居の下や境内には茅の輪が用意されて
います。

参拝者はこの茅の輪を三回くぐって、夏の厄病や災厄から
免れる祈願をします。

水無月の 夏越しの祓い する人は 千歳の命 延ぶといふなり
                                 拾遺和歌集

この和歌を唱えながら輪をくぐるといいと言われています。

Img_5314_4


また、奉書をひとの形に切った形代(かたしろ)に姓名・
年齢を書き神社に納めると、罪・穢れが祓われるとも
伝えられています。

今日は朝から池尻神社に形代を納めに行き、神札を
頂いてきました。

ついでにおみくじも引いてみたのですが大吉。

あと半年、家族みな恙なく過ごすことができますように・・・

|

« ヤマモモ | トップページ | 琥珀 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマモモ | トップページ | 琥珀 »