« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

お出掛けポシェット

Img_6760

東京ドームで買ったキットを漸く完成させ
ました。

リックラックのテープリボンを使ったバラが
ポイントです。

Img_6761


Img_6762

来週の偲ぶ会で使います。

幹事は携帯を手放せないので・・・

| | コメント (2)

2016年2月23日 (火)

ミシンで…

作りたいものがあって準備をしてみました。

友人が昔 既成のお菓子の箱を使って裁縫箱を
作っていらしたのです。

丁度いい箱がないので工作用紙でしてみます。


どうせなら裁ちばさみも入れたいので大き目に・・

上手くいくかしら?
この方法でちゃんとできたら色々応用がききます。

| | コメント (0)

2016年2月17日 (水)

コナリーの新作



マイクル・コナリーは多作なのですが、邦訳は
たまにしか出版されません。

今日はゴルフ用のGPSを探してAmazonをうろう
ろしていたら何と新作が・・・

嬉しい誤算、期待していなかった分余計に感動
があります。

小売業を圧迫しているAmazonで買わずに本屋
に行かなければと思いながら注文してしまいま
した。

重いものを持ちたくない年寄りの味方でもあるの
です。

| | コメント (0)

2016年2月 7日 (日)

ねこのお雛さま

Img_6686_2 ←クリックして拡大

もうそろそろ雛まつり。
二月は”逃げる”と言いますから・・・
   早く準備をしないと

伊藤哲子先生の展示会で新しい
種類のお雛さまを見つけました。

珍しい「ねこ」のお雛さまです。






耳の内側に絞りの生地が使われて
いるところに惹かれました。

| | コメント (2)

2016年2月 3日 (水)

「変わらないために変わり続ける」

 ”福岡ハカセのパンタ レイパングロス”

 週刊文春 1015日号より


過去2年間のNY生活を綴った本誌連載を成書化した
「変わらないために変わり続ける」についての文章です。

前略

なんだか禅問答みたいなタイトルですが、読者を煙に
巻いているわけではありません。

劇的な変化で斃れてしまわないために、少しずつ絶え

ず変わること。
これが進化史三十八億年を生き続けた生命の知恵なの
です。

変わるとは、自らを更新し続けること。自らを壊すこ
とによって、作り直すこと。私たちを構成する分子や
細胞はものすごい速度で更新されています。

これによって内部に溜まるエントロピーを汲み出して
いるのです。久しぶりにあったら、お変わりありませ
んねではなく、お変わりありまくりなんです。

この考え方は、社会論や組織論にも使えるかもしれま

せん…

後略

う~ん、分かる気がする。
確かにすべての局面に通用する真理のような気がします。
本を買って読んでみましょう。

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »