« 野菜だし | トップページ | 年末に »

2016年12月26日 (月)

クリスマス礼拝

昨日はクリスマス礼拝で家族揃って出席してき
ました。

牧師さまのお説教で、「今日、ここにいる皆さまは
ご自分の意思で出席しているとお思いでしょうが
そうではありません。イエスさまのご意思なのです」

その様なお話をされました。

何かベタな台詞のように聞こえるのではないかとい
う危惧がありますが、そうではないのです。

それぞれが色んな理由でこの場所に居る。毎週の
礼拝を欠かさないひと、年に1回クリスマスにだけ
来るひと、教会のクリスマスとはどんなものか1度
見てみようと思ってきてみたひと・・・

いろいろな方がいるだろうが、皆 イエス様に導か
れてこの場にいらっしゃるのです。

そのようなお話でした。

そのとき、長年考えていた「信仰」の意味が分かった
気がしたのです。


「人間は小さいものである」


このことを自覚して見えない何かを尊び、畏怖すること。

信仰心のない、不真面目な形だけの信者ではあります
が、急に腑に落ちた気がしたのです。

長年キリスト教に接して来ながら全然信仰心の持てない
私でもせめてこれだけなら心に留められるのです。

|

« 野菜だし | トップページ | 年末に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野菜だし | トップページ | 年末に »