« 桜のトンネル | トップページ | 小鉢 »

2017年4月10日 (月)

さくら

 
 久方の 光のどけき 春の日に

           しづ心なく 花の散るらむ

桜の時期はこころ騒ぐ時期でもあります。

古今和歌集の時代から日本人のメンタリティーに
刻み込まれたDNAのなす技なのでしょうか?

圧倒的な桜木の持つちからとその儚い短いいのち
を惜しむ・・・

さくらの持つ魔力といいますか・・・
こころ乱されるこの時期をやり過ごさないと春は
やって来ないのです。

世の中に たえて桜のなかりせば

      春の心はのどけからまし           
                        伊勢物語

ここにも・・・

|

« 桜のトンネル | トップページ | 小鉢 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜のトンネル | トップページ | 小鉢 »