« 安芸の宮島 | トップページ | 松下村塾 »

2018年2月10日 (土)

瑠璃光寺の五重塔



3日目は広島県を出発して山口県に
入りました。

入ってすぐに行ったのは錦帯橋。

山の中にあります。
河原の駐車場に車を停めて歩いて
対岸まで渡ります。長閑で小綺麗
な佇まいの場所でした。

更に進んで山口市には以前から行って
見たかった瑠璃光寺の五重塔があるの
です。



何とも美しい姿です。
1442年建立の国宝で日本三名塔に数え
られています。

この五重塔のことを知ったのは久木綾子
さんが「見残しの塔」を書かれた経緯を
読んだ時でした。

この小説は久木綾子さんのデビュー作
なのですが、なんと70歳のときにこの
塔をご覧になってその美しさに打たれ
この塔を作った大工さんを主人公にし
た物語を書きたいと思われたそうです。

そして70歳から14年をかけてあらゆる
こと…工法に至るまでを調べ、4年の
年月をかけて執筆したということです。
89歳でのデビューでした。

何よりその精神の瑞々しさ、前向きさに
は驚くばかりです。

まだまだこれから始めてもいいのです。

|

« 安芸の宮島 | トップページ | 松下村塾 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安芸の宮島 | トップページ | 松下村塾 »