東北支援

2017年3月11日 (土)

”検索は応援になる”

今日一日 

Yahoo! JAPANで「3.11」というキーワードで検索された方
おひとりにつき10円が、
東北復興にたずさわる団体に寄付されます。

3.11で検索する  こちらで詳細が分かります。

今年は主に若い高校生や子供たちの関係する6団体に
贈られることになっています。

昨年の実績は24,662,060円だったそうです。

本日23:59迄ですので・・・

| | コメント (0)

2016年3月16日 (水)

一閑張り




青山の展示会で買った一閑張りの
箱です。

石巻の方が作られたもので、とても
ユニークな素敵な出来上がりです。

一閑張りとは竹などの枠組みに和紙
や布などを貼り重ねて作るもので軽
くて丈夫なものです。







コラージュの一種ですね。

cottoでディスプレイに使えそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

震災のこと





青山のciプラザでアメリカ人のカメラマンが
撮った震災の写真の展覧会が開かれています。

「東北マダムの手仕事展」に行く前に寄って
きました。



青山の「サロンドフルール」で13日まで開かれ
ています。

ネクタイベアや刺し子のマカロンポーチ、着物
地で作ったウエア、一閑張りのトートバッグ等
首都圏避難者や石巻のグループ、会津への避難
グループなどこれまで友人が支援してきた方々
が一堂に会しました。

現地から出ていらした方々も楽しそうです。



今日は東京大空襲、明日は五年目を迎えた東北
大震災です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

石巻

石巻

被災者の方々のためにフランスのある団体が寄贈してくれた建物です。

素敵なデザインの集会場ですがここで講習をしてきました。

| | コメント (0)

2013年6月 3日 (月)

「忘れたいけど、忘れない。忘れてはなんねぇ」

昨日お話した新地町の村上美保子さんの言葉です。

昨日実は新地の小川公園仮設の集会場で村上さんに
紙芝居を読んでいただいたのです。

F0061402_15541781_2

この紙芝居は「東北まち物語紙芝居化100本プロジェクト」
と言って広島県の市民団体が行っている活動なのです。

”東日本大震災復興支援を行う広島のまち物語制作委員
会は昨年福島の民話や昔話、偉人伝、復興話など50本
の紙芝居を制作しました。今後、50本を制作し100本の
福島まち物語を紙芝居にする予定です。”

昨日見せて頂いたお話は著述家でもある村上さんが新地
の漁師さんの津波当日の様子を大勢の方々から聞き取っ
て書かれ、広島の画家の方が絵を描いてできたものです。
こちらの村上さんのブログで読むことができます。

| | コメント (0)

2013年6月 2日 (日)

福島県・新地町

2013060215350004


2013060215350003



福島県・新地町は元伊達藩に属する宮城県との県境に
位置する町です。

海沿いは堤防も道路もまるでウエハースを割ったように
折り重なった惨状をいまだ留めていて衝撃です。


2013060216110001

この宮城県山元町の中浜小学校は新地からすぐの所に
ある生徒数20数名の小さな学校です。

海と至近距離にあり、2階の天井まで津波が達したのです
が3階の屋根裏のような倉庫に避難し、全員助かったそう
です。

校長先生は緊急時の判断で子供たちを返さず、父兄や近
隣の住民も含めて90人もの人々がこの三角形の空間で
生き延びたのです。

震災のミニュメントとして保存されるということです。


2013060216160000

今日は朝から日帰りで新地町を訪ねてきましたが、新地の
朝日館の女将・村上美保子さんが案内してくださいました。

| | コメント (0)

2013年3月 5日 (火)

サポサポproject

サポサポproject は支援する人たちを支援するプロジェクトです。

みなさんのまわりにも、あるいはみなさん自身が当事者に
なっている場合もあるかもしれませんが、大震災の被災地で
懸命に支援を続けているボランティアの方々がいると思います。

私の周りのそうした方々と話しをする中で、継続的な支援の
重要性と人的・経済的負担の大きさを共通点として聞きました。
例えば、一回の炊き出しの費用は約
30万円(スタッフ32名、車6
台、石巻市日帰り)かかるそうです。毎回この費用と人員と備品
を工面し支援に向かっている現状です。

また、その一方でボランティアに行きたいけれど諸事情で行くこと
ができずに歯がゆい思いをしている方々もいます。この気持ちを
繋げることができないか? これがこの企画の出発点です。”
             

                  サポサポ project 代表 亀井伸二

東京藝術大学美術学部の卒業生たちがアート&デザインに
よってボランティアの人たちに資金援助をしています。

3月8日から10日まで代官山のヒルサイドテラスE棟で即売会
が行われます。

サポサポproject Vol.8

前回の展示会のときの作品です。

12_5

10_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)